フライヤー平蔵

2022/01/15(土)07:53
img


  • 阿曽祐子

    編集的先達:小熊英二。ふわふわと漂うようなつかみどころのなさと骨太の行動力と冒険心。相矛盾する異星人ぽさは5つの小中に通った少女時代に培われた。今も比叡山と空を眺めながら街を歩き回っているらしい。

  • アーキタイプを手にして、磨けミメロギアー49[守] 

    「サイダーと麦茶の略図的原型を考えてみましょう」と唐傘さしていく教室の師範代、大塚信子が汁講で学衆たちに問いかけた。出題されたばかりの第2回番ボーのミメロギアお題のひとつ「サイダー・麦茶」のワークに取り組む手前のことだ […]

  • 組み合わさって立ちあがる 新たな「わたし」―49[守]

    「みなさん、焼きマシュマロサンドイッチってご存知ですか?」と八段プラモデル教室のフロントランナーの一人である学衆Hが元気よく問いかけた。汁講でのお菓子に見立てた自己紹介「おかしなわたし」の一コマだ。「普通は考えないマシ […]

  • 仲間と一緒に組み立てる編集稽古―49[守]

    「ラベルの付け方を再考してみました」「師範代に再チャレンジしても良いとのお言葉をいただきましたので」と007番で初の再回答が八段プラモデル教室に届いた。守稽古の007番は「ラベリング・トラベリング」。40種類の食材に自 […]

  • 傘を開けば仲間が繋がる編集稽古―49[守]

    「大きく深呼吸してから、回答してください♪みなさん、楽しいお稽古を!!」。  唐傘さしていく教室師範代の大塚信子が、緊張気味の学衆たちに向けて、守の二つ目の番稽古「アタマの中の探検」(002番)を放った。このお題は、ア […]

  • 覚悟と加速の出航準備―49[守]

    「今から2分間、お互いに意見出し合って!」。  伝習座のプログラムに必ず織り込まれる指南語り。先達の指南モデルに真似ぶこの一コマを担当した師範の嶋本昌子が突如、聞き手の師範代たちにボールを投げた。ポカンとする間もなく、 […]