フライヤー平蔵

2022/01/15(土)07:53 img
img


  • 阿曽祐子

    編集的先達:小熊英二。ふわふわと漂うようなつかみどころのなさと骨太の行動力と冒険心。相矛盾する異星人ぽさは5つの小中に通った少女時代に培われた。今も比叡山と空を眺めながら街を歩き回っているらしい。

  • 学衆呼んで鬼の平蔵あらわる―48[守]

    「不安が一気に飛びました!」。48[守]平蔵もっぱら教室の汁講を終えると、学衆Mの声があがった。開講以降、お題は次々届き、師範代の妹尾高嗣に続いて、師範・番匠・学匠と指導陣が続々登場。夢中で稽古してきたものの、誰の顔も […]

  • 種蒔きの汁講・芽吹きの番ボー―48[守]

    10千暮、キジムナー、mso、まるこ、どろんこ。師範代大濱朋子のディレクション通り、48[守]点閃クレー教室のZoom汁講は編集ネームで入室することからスタートした。本当の名前の当てっこが始まる。回答の印象と初めて見る […]

  • 電信柱から大海原へトリプル指南 48[守]

    48[守]点閃クレー教室は、開講当日から学衆の回答が鳴りやまない。001番「コップは何に使える?」出題の1時間半後には、最初の回答が届いた。全学衆の回答が期限内に揃う順調な稽古模様が続いた。  お題004番「地と図の運 […]