【連載】ETS群島キャスト02「松岡正剛の思考方法を体験したい」浦崎共行さん(沖縄)

2019/10/08(火)11:00
img

【Q.受講のきっかけは?】

 テレビ「オトナの!」です。ユースケ・サンタマリアに読書術を実践する松岡さんの語りと、膨大な知識量に一目惚れしました。

 

 今は古着屋の二代目をしながら、地域興しの活動をしています。仕事柄、色々なアイデアは浮かぶのですが、それをどうすれば処理していけばいいのかわからず、いつも自分の頭が散らかっている状態をどうかしたいという思いがずっとありました。

 

 『フラジャイル』や『多読術』などの著書を読んでみたのですが、どうすれば松岡さんのようになれるのかの答えはわからず。そんな中、沖縄で編集学校のワークショップがあることをFacebookで知り、「松岡正剛の思考方法を体験したい!」という一心で申込をしました。

 

【Q.エディットツアーを通じて得たこと、学んだこと、新しい発見はありましたか?】

 エディットツアーでは、自己紹介も文章作成もイベント運営も全て「情報編集の4つのプロセス」でとらえているという見方が特に新鮮でした。

 

 あとは会場で初めて知った松岡さんの雑誌『遊』ですね。今だともうこうしたものは作れないんじゃないかと思います。松岡さんにとっては読書も雑誌づくりもおなじ情報編集のプロセスでとらえている。これだけでも今までにない思考方法の転換でした。

 

【Q.今後にどう活かしたいですか?】

 他の参加者の方の考え方が柔らかく、まだまだだなと痛感しました。

 仕事でも学んだ編集術を試していこうと思います。 これからも勉強あるのみ! です。


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。47期[守]講座番記者。

  • 連想ゲームにも編集が!? 空文字アワーで「知」を動かす【47[守]week3】

    勧学会で連想がとまらない   「現状打破のために編集の『型』を学びたい」 「考えること自体を考える方法を学びたい」 「意識的なアウトプットの方法を学んでみたい」 「発想や企画の幅を広げたい」 「自分が今までやっ […]

  • 【速報!】十四[離]典離発表(第76回感門)

    第76回感門之盟「十四[離]退院式」では、3名が典離を受賞した。   典離というのは、最優秀賞ではないというわけではないけれど、何か我々を突き動かしたものが一番たくさんあった学衆に贈られる。(松岡火元校長) & […]

  • 【速報!】十四[離]特別賞発表(第76回感門)

    第76回感門之盟「十四[離]退院式」での特別賞受賞者をお伝えする。進行は、14[離]で「離れ」や「エディスト」でつないだ小倉加奈子析匠がつとめた。   ■小坂真菜美別当賞:曵瞬院の阿曽祐子さん     […]

  • 「松岡火元校長が託した3つの課題意識」十四[離]退院式開幕(第76回感門)

    [離]の指導陣は「火元」と呼ばれる。火元は入院した学衆に、時に厳しく、刻印されるような言葉を容赦なく手渡す。創を負い、失敗をし、離中で自信喪失する学衆も少なくない。   師範代育成コース[花伝所]で指南にあたり […]

  • 師範は「伏せて、開ける」もの【47[守]week2】

    知のミステリーとしてのイシス イシス編集学校の稽古模様はミステリーのようだ。   ミステリーでは何らかの事件や犯罪が発生し、その謎が最終的に解き明かされていく。一見シンプルだが、犯人は巧妙なトリックを仕掛け、著 […]