【連載】ETS群島キャスト10「セレンディップな体験がしたい」柳田春子さん(福島)

10/13(日)13:00
img

【Q.受講のきっかけは?】

 編集学校は[守][破]を受講しました。編集稽古や知的な体験を通して、読書は本を読むだけでない、「生きた現代史を構築する」作業であると感じておりました。

 

 松岡正剛先生の知の編集は、様々な本を組み立て「それぞれの知の歴史」を再構築する取り組みであると思います。編集は偶然に満ちた気づきでもありました。今回、「セレンディピティ」な体験をリアルでしたく参加しました。

 

【Q.エディットツアーを通じて得たこと、学んだこと、新しい発見はありましたか?】

 普段の生活では、お会いすることもない参加者のみなさんとの出会いから「セレンディピティ」と知の融合があり、楽しく時間をすごせました。

 

 とくに、目次から連想を広げ、それで本の内容を紹介するコーナーが、面白かったです。参加者と本との出会いがありました。

 

【Q.今後にどう活かしたいですか?】

 編集学校のコースを受講してからかなり時間が経過しました。また、時間があれば、硬くなった「脳みそ」を柔らかくするために

編集講座を受講したくなりました。その時は、松岡先生、皆様、宜しくご指導をお願いいたします。


  • 鈴木康代

    編集的先達:網野善彦。マイクを両手でもってふくしま訛りで語るメッセージは編集の確信をとらえ、誰もの胸を打つ。二代目守学匠としていまやイシスの顔。野望は「続3.11を読む」の編集。