ロックな編集を叫ぶ 番ボー講評

08/01(木)22:57
img

 番選ボードレール講評が出そろった。

 

 「どうぞ編集の奥地へといらしてください」。2019年7月25日夜、番匠・林朝恵が学衆に向けてメッセージを発した。「こんな編集やってみたい。そう感じた方もきっといるでしょう。その瞬間から、もう実現へのスタートを切ったも同然です」。

 

 そう言って林が紹介したのは、届いたばかりの講評から選りすぐった同朋衆の言葉たち。伝習座にローリング・ストーンズのTシャツ姿で現れ、ロックな編集を叫ぶ林ならではの、心に火をつける言葉の選択だった。

 

 このメッセージは、もう一人の番匠・景山和浩から「林番匠の締めの挨拶があるといい」という半ば強引なオファーに応え、即座に編集したものだった。

 

 番匠がいつも用意周到に連携しあっているかといえば、そうではない。相手を引き立てながら、自らも演奏を楽しむジャズプレーヤーのように、以心伝心のアドリブ編集を加えることもある。

 

 ロックの熱狂とジャズの即興を兼ね備えた林朝恵の番匠編集は格好いい。


  • 景山和浩

    編集的先達:井上ひさし。日刊スポーツ記者。用意と卒意、機をみた絶妙の助言、安定した活動は師範の師範として手本になっている。その柔和な性格から決して怒らない師範とも言われる。

  • 代打井ノ上シーザー 指南の先に見ているものは

    頼まれれば二つ返事で引き受ける。[守]の師範・番匠を歴任したことからもそのことは分かる。遊刊エディストのスターDust記者である井ノ上シーザーは実は侠の男なのである。    45[守]の師範代が体調を崩ししば […]

  • 2020ETS編集聖火ポスト05 フェチなミニ本楼で妄想書店開店(大阪)

    壁際のテーブルには 160冊の本が所狭しと並べられている。この日ナビを務める山根尚子と7人のテーブルコーチがそれぞれ20冊ずつ持ち寄ったテーブルコーチ文庫だ。『空海の夢』『雑品屋セイゴオ』松岡校長の本がある。『ないもの […]

  • 懐かし番匠コンビ 今度は同朋衆でタッグ

    懐かしい男たちが帰ってきた。    44[守]で17期ぶりに復活した「一種合成」番選ボードレール(番ボー)。その講評に向かう「同朋衆」に渡辺恒久と大澤靖永の名前がある。ともに17[守]で師範代をし、師範・番匠と […]

  • 晴れ舞台で校長メモ 42[守]感門之盟

    番匠の景山和浩は手が小刻みに震えるのを感じた。    2019年3月9日、42[守]の卒門を祝う感門之盟がDNP五反田ビルで行われた。卒門式の進行は司会の鈴木花絵と景山和浩。24[守]以来の番匠ロールについた […]

  • 「1617」に何が起きたのか 予想外の展開

    1617。イチロクイチナナと読む。2007年3月に開講予定だった16期[守]は、直前になって2期に分けて開講することが決まった。3月5日開講の16期[守]の10教室と、1か月半遅れて4月23日に開講した17期[守]の8 […]