下を向くアフ感名幹事・白川雅敏-イシスの“らくだ”【後編】

11/03(日)21:56
img

 43[守]師範、白川雅敏。松岡正剛校長から与えられたニックネームは“らくだ”。
 屈指の編集力を誇るイシス師範であるが、リアルで会うと笑う時にすら下をむいている草食系だ。そんな白川“らくだ”が、2019年9月7日の「アフター感門之盟(略称・アフ感)」の幹事募集の知らせに、立ちあがった。

 動き出すと素早い白川は、進行表の作成から集金袋の手配まで高速にこなす。アフ感前の、感門之盟の集合写真撮影時には会場を抜け出し、アフ感の準備へとむかった。本人はこっそりとしているつもりであろうが“らくだ”であるため、微妙に目立つ。アフ感会場では、マイクとスピーカーを持ちこみ、学匠から進破・突破学衆まで、インタビューを敢行する獅子奮迅ぶり。すでに、来期の“アフ感団長”としての活躍が期待されている。

 何が白川“らくだ”を駆り立てたのか。失望である。編集学校の「感門之盟」は、入念なリハーサルのうえでの晴れ舞台である。その反動で「アフ感」は、単なる懇親会だった。席次もろくに決まっていないグダグダぶり。遠方から来ている学衆、師範代、師範もいるのに、「これではいけない」と声を上げたのが白川であった。
 
 写真はアフ感会場の白川“らくだ”。右手にマイク、左手に会費、そしていつもの下向きの笑顔。実は、人がたくさん集まる場は苦手らしい。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。