土壇場の新師範代!奴が[破]に帰ってきた!

2019/10/01(火)16:53
img
 びーーーっくり。負けました。
 
 急遽、土壇場で決まった新師範代のコメントである。その人は、現在離退院まであとわずか、火元組別番の福田容子師範だ。
 
「ふくよ」の愛称で呼ばれる福田容子といえば、『インタースコア』、学校案内、NARASIAQの編集にも携わり、破師範を何期も歴任。松岡正剛校長に「イシスには、あと7人のふくよがほしい」と言わしめた編集アスリート。
 
 しかし、彼女ほどのラディカルな編集女傑にも離真っ最中でのタイミングは驚きだったようだ。破の学衆人数が予想外に伸び、師範代のアサインが必要になった。伝習座も終わったこの時機で依頼し、引き受けられる器量と度量と度胸がある人と言えば、それほどはいない。アサインに声がけをした八田英子律師からの「学林局から福田さんの師範代再登板に20票入っています」という言葉で福田は観念した。ちなみに学林局は総勢5名である。
 
 「ほんとうに強力な助っ人です」と、新師範代アサインにやきもきしていた、原田淳子学匠もラグビーのマイケル・リーチ主将を試合に投入できたような喜びようだ。離の退院式(11月9日)翌日がアリスとテレス賞の締切という、過密日程を福田がこぼすと、「大丈夫です(笑)」と律師は笑顔のメール一言で切り返した。
 八田律師からのギリギリchopを受けとめたB’zファン福田容子のultra soul。今季の破にラディカルな編集工学の風がBLOWIN’するのは間違いない。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 輪読座、4月25日から「柳田国男を読む」開座間近!

    世阿弥、白川静に続く今期の輪読座、4月26日より開座する日本哲学シリーズは「柳田国男を読む」に決まった。古事記・日本書紀、万葉集にはじまり、聖徳太子、空海、閑吟集、三浦梅園、西田幾太郎、折口信夫、井筒俊彦、南方熊楠など […]

  • 加速する思考を体感すべし![守]速修コース申込み開始

    短くなったら薄まるか。いやいや濃縮、凝縮、超加速する。  イシス編集学校[守]では、38のお題と編集稽古を通して、思考が加速していく。その加速がさらに加速する速修コースが30名限定で5月末よりスタートする。その実感は守 […]

  • サブカルズを読むサブカルズ、本楼に集う

    カバーは大竹伸朗「ジャパニーズコミックス」、字紋は「萌」。表紙をめくった扉写真にはフィギュアケースの中でエディションの上にセイゴオくん人形が屹立する。  年度替わりの4月1日夜、千夜千冊エディション『サブカルズ』学習会 […]

  • できたてホヤホヤ『情報の歴史21』が校長の手に!

    ほんとにできるの? いつになったらできるの? 年末って言ってなかったっけ? できないんじゃないの? たくさんの叱咤激励の声に支えられながら、『情報の歴史21』が完成、いやとうとう刷り上がった。  編集長の吉村、制作の田 […]

  • 特報!感門番組表 見所はここだ!

    ようこそ感門、キョウドクッック♪ 昨夏の20周年感門2DAYSの記憶も新しいが、感門2DAYSが帰ってきた。タイトルは「INFORM共読区」である。「共読区(キョウドック)」は2011年3月11日の大震災のあと、一ヶ月 […]