土壇場の新師範代!奴が[破]に帰ってきた!

10/01(火)16:53
img
 びーーーっくり。負けました。
 
 急遽、土壇場で決まった新師範代のコメントである。その人は、現在離退院まであとわずか、火元組別番の福田容子師範だ。
 
「ふくよ」の愛称で呼ばれる福田容子といえば、『インタースコア』、学校案内、NARASIAQの編集にも携わり、破師範を何期も歴任。松岡正剛校長に「イシスには、あと7人のふくよがほしい」と言わしめた編集アスリート。
 
 しかし、彼女ほどのラディカルな編集女傑にも離真っ最中でのタイミングは驚きだったようだ。破の学衆人数が予想外に伸び、師範代のアサインが必要になった。伝習座も終わったこの時機で依頼し、引き受けられる器量と度量と度胸がある人と言えば、それほどはいない。アサインに声がけをした八田英子律師からの「学林局から福田さんの師範代再登板に20票入っています」という言葉で福田は観念した。ちなみに学林局は総勢5名である。
 
 「ほんとうに強力な助っ人です」と、新師範代アサインにやきもきしていた、原田淳子学匠もラグビーのマイケル・リーチ主将を試合に投入できたような喜びようだ。離の退院式(11月9日)翌日がアリスとテレス賞の締切という、過密日程を福田がこぼすと、「大丈夫です(笑)」と律師は笑顔のメール一言で切り返した。
 八田律師からのギリギリchopを受けとめたB’zファン福田容子のultra soul。今季の破にラディカルな編集工学の風がBLOWIN’するのは間違いない。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 男は何をつぐなうのか。金宗代の新ロール

    エディストの副編集長にして、かつては離の半東で右筆。  NARASIA3のエディターであって、幻のジャパンウェア講座の執筆担当。  山本直樹をISISフェスタに呼んだ仕掛け人で、近大DONDENの選書リーダー。     […]

  • 蒐譚場速報 校長メッセージ「秘する故実十七段」

    「生きる」ことは物語とどう出会うか。自分の物語をつくる、他者の物語と出会う。    11月16日(土)13時から第十三綴[遊]物語講座のリアルイベント蒐譚場が始まった。冒頭の松岡校長の開口一番メッセージだ。  「今の社 […]

  • 明日開催!二度とないミニ茶室での編集ワーク

    『五輪書』の一節の横に立つ女性。ここはどこ? あなたはだれ?  写真の場所、実は本楼に設えられたミニ茶室。遠州流の小堀宗実家元と松岡正剛校長が「本茶会」を開催した折に設えられた。その名も「半想庵」。そして、佇む女性はイ […]

  • 入伝式速報!花伝所の校長メッセージは「風」

    花伝所はLiving Editingでいく。  田中晶子所長の開講にあたってのメッセージだ。32回目を迎えたISIS花伝所の入伝式が10月26日(土)13時にスタートした。入伝生、師範、学林局、校長が始めて顔を合わせ、 […]

  • 輪読座存亡の危機?!バジラ日本哲学はどうなる?

    本楼に輪読座衆は1名?  10月27日(日)13時からスタートする輪読座が存続の危機にさらされている。  これまで、空海、万葉集、日本書紀・古事記、唯識に華厳、折口信夫、井筒俊彦、西田幾多郎、そして南方熊楠とつづいてき […]