年の離れた同級生 43[守]蓮式パエーリャ

10/15(火)14:44
img

 「人生の先輩方のお話楽しみにしております^ ^」と、感門之盟・アフ感に参加表明をしたのが、姫野聖来さん(43[守]蓮式パエーリャ教室)。早稲田大学文化構想学部在籍で、松岡正剛校長との共著『謎床』でも知られるドミニク・チェンさんの講義を受講。ドミニクさんの紹介でイシス編集学校を知り、入門した。

 「集中力と起爆力をそなえている」「シャープで可愛らしい」とは、担当師範代の西由江の言葉だ。休日にはカフェめぐりに、音楽仲間とアコースティック弾き語りライブと、学生時代を謳歌している。現在は就職活動中、クリエイティブ系の職業をめざしている。

 「ここでは大人たちが笑っている」と、姫野さんは述べた。就活面接で接する社会人は、当然真剣モード。「”編集は遊びである”を体現する“年の離れた同級生”との会話が新鮮」と姫野さんは言う。「同じ年の娘がいる」という同教室の徳応学さんとビールを酌み交わす様子は親子そのものであった。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。

  • 井ノ上シーザー、45[守]に“遊刊エディストの歩き方”を語る

    「遊刊エディストの歩き方を守学衆に語ってください」。 番匠・景山和浩のリクエストを受けて、井ノ上シーザーが2020年5月26日、45[守]別院に登場した。タイトルは「遊刊エディストの歩き方」。「イシスと遊刊エディスト」「 […]

  • 東北の切実と逸脱の愉快と 第30回未知奥声文会

    第30回未知奥声文会は「ポール・ヴィリリオの事故と哲学」で始まり、「バンクシーのアート」で終わった。 ヴィリリオが述べる事故をめぐり、原発事故とコロナ・エピデミックの相違と類似について討議を重ねた。バンクシーのアートにつ […]

  • 未知奥声文会、仏教とアジアを語る

    2019年10月13日、未知奥声文会は仏教とアジアを中心に交わし合いをした。 ネット会議の終わり際に、林、井ノ上、花岡は、離想郷ラウンジにレポートを挙げることとした。 今回は、そこで垣間見られた、各メンバーの「場所と記憶 […]

  • 有事の中で45[守]開講 松岡校長メッセージを読む

    2020年4月20日午後。 新型コロナウィルス・パンデミックの渦中の時、松岡正剛校長のメッセージを合図に45[守]が開講した。パンデミック“にもかかわらず”なのか、“だからこそ”なのか、教室数を増設するほどの盛況ぶりだ。 […]

  • 45[守]の今 前代未聞の速修コースで起こっていること

    45[守]では、15週間でカリキュラムを完了する「速修プラン」を設ける。5月4日の開講日から13日まで、毎日の出題がされることになる。ゴールデンウィークを編集稽古漬けにするという、初めての試みだ。    当然 […]