感門之盟の「デザイン知」 穂積晴明の挑戦

2019/09/06(金)12:00
img

 「しるす」ことがデザインなのではない。designとは、脱・しるし化であり、何かから脱却していく「意味の作用」だ。

 

 千夜千冊エディション『デザイン知』(松岡正剛、KADOKAWA)の冒頭の一夜、1520夜『デザインの小さな哲学』(ヴィレム・フルッサー)で、松岡正剛校長はデザインの本来を説く。


 9月7日の第70回感門之盟に向けて、さまざまな「デザイン知」が進行中だ。来場してまず手にするペットボトルの帯を手がけたのは、学林局のデザイナー・穂積晴明である。

 

 編集工学研究所の仕事をこなしながら離を受講する涼やかな長身のエディストは、松岡校長の揮毫を生き生きと擬いた。夕映えの空を思わせる背景には、今回のテーマとも重なる「遊刊エディスト」のアイコンが星座のように浮かぶ。


 穂積が大事にしている松岡校長の言葉がある。デザインには「意味」と「イメージ」の二つのアプローチがある。意味から入るとコンセプトで身動きできなくなる。イメージをアナロジカルに限界まで広げてから意味へと向かうこと。これを穂積は片時も忘れない。

 

 かつて魔術や呪術であり、今なおそうであり続けているデザイン。穂積のデザインは、当日の来場者にどんなマジックをかけるのだろうか。


  • 丸洋子

    編集的先達:ゲオルク・ジンメル。鳥たちの水浴びの音で目覚める。午後にはお庭で英国紅茶と手焼きのクッキー。その品の良さから、誰もが丸さんの子どもになりたいという憧れの存在。主婦のかたわら、翻訳も手がける。

  • 編集用語辞典 09 [師範代]

      引き寄せて結べば草の庵にて解くれば元の野原なりけり   今年は、諏訪大社の七年に一度の御柱祭の開催年だった。1200年以上の歴史があるというこの壮大な神事では、山から切り出した樅の巨木を氏子が曳い […]

  • 編集用語辞典 08 [花伝所]

    水中に牡丹崩るる金魚かな 玄月   週刊誌に連載された松岡校長の「百辞百景 コンセプト・ジャパン100」が、フルカラー500頁の文庫本『見立て日本』となって蘇った。銀朱の鱗が光る可愛らしい金魚の写真をめくると、 […]

  • 編集用語辞典 07[エディティング・モデル]

    アゲハ蝶が庭の花の蜜を吸いにやってくる。翅の動きは人の呼吸に似て、てふてふと震えながら上下している。ギリシャ語で蝶はプシュケ。霊魂(プシュケー)を意味するという。日本でも古くからあの世とこの世を結ぶと考えられてきた蝶は、 […]

  • 【速報 校長メッセージ】Q→Aの既知の世界からQ→Eへと羽ばたく蝶【79感門】

    ■感門之盟の由来とは? イシス館の階段をゆっくり下りてくる松岡校長を、井寸房が迎える。青白橡色の羽織を纏った校長は、今日開かれる感門之盟の由来について語りだした。4世紀半ばの魏晋南北朝の中国は、六朝とも呼ばれるダイバーシ […]

  • 【速報】もっと怪しい校長を ― 曼名伽組の組長が自らに課したお題とは?【79感門】

    夢の中のような空間に、一人の男が座っている。第79回感門之盟が始まって間もなく、佐々木局長が中継先の中部支部を画面越しに呼び出して現れたのは、摩訶不思議なオブジェと校長の千夜千冊豪華本に挟まれた小島伸吾組長だった。ここは […]