ひらりカレイド・スカート 花伝敢談儀

09/03(火)12:00
img

 「指南に向かう時は、香水をふり、師範代の衣装に着替えるんです」。


 サマーグリーンのスカートを翻す江野澤由美師範代の一言一句に、放伝生は熱心に耳を傾け、ペンを走らせる。2019年7月27日の敢談儀、先達トークのひと幕である。


 41[守]カレイド・スカート教室の飛行は常に順調とはいかなかった。進行役の林朝恵番匠は、江野澤の師範代体験を手際よく引き出していく。

 

序盤は稽古の足並みも揃っていたが、中盤にトップを走る学衆の家族が急逝し、稽古離脱を余儀なくされた。[守]のハイライトである番選ボードレールの時期、トップ不在の教室は低迷。エントリー作品も少なかった。


 しかし江野澤はあきらめない。前へ前へと進み続ける。回答が少ない状況をどう生かすかを考え抜いた。まとめ指南を多様し、兄弟教室の番ボー作品を勧学会で紹介するなど編集機会をあえて増やしていった。やがて黙々と稽古していた学衆に変化が訪れ、仲間と声をかけ合うようになった。

 

 卒門が近づく終盤には、離脱していた学衆も教室に舞い戻り、師範代も学衆も手を取り合うように喜んだ。汁講も大阪で1回、東京で2回と張りきって、江野澤は汁講クイーンの異名をとる。これには林も唸った。どんな時でも場に尽くし、動き続ける編集が教室を上昇気流に乗せたのだ。


 「どうやってスイッチ入れたの?」。林が切り出すと「”とにかく楽しもう!”と書いたメモを壁に貼って、毎日見ていたんです」。江野澤はポッと顔を赤らめた。


  • 林朝恵

    編集的先達:ウディ・アレン。「あいだ」と「らしさ」の相互編集の達人、くすぐりポイントを見つけるとニヤリと笑う。NYへ映画留学後、千人の外国人講師の人事に。