ひらりカレイド・スカート 花伝敢談儀

09/03(火)12:00
img

 「指南に向かう時は、香水をふり、師範代の衣装に着替えるんです」。


 サマーグリーンのスカートを翻す江野澤由美師範代の一言一句に、放伝生は熱心に耳を傾け、ペンを走らせる。2019年7月27日の敢談儀、先達トークのひと幕である。


 41[守]カレイド・スカート教室の飛行は常に順調とはいかなかった。進行役の林朝恵番匠は、江野澤の師範代体験を手際よく引き出していく。

 

序盤は稽古の足並みも揃っていたが、中盤にトップを走る学衆の家族が急逝し、稽古離脱を余儀なくされた。[守]のハイライトである番選ボードレールの時期、トップ不在の教室は低迷。エントリー作品も少なかった。


 しかし江野澤はあきらめない。前へ前へと進み続ける。回答が少ない状況をどう生かすかを考え抜いた。まとめ指南を多様し、兄弟教室の番ボー作品を勧学会で紹介するなど編集機会をあえて増やしていった。やがて黙々と稽古していた学衆に変化が訪れ、仲間と声をかけ合うようになった。

 

 卒門が近づく終盤には、離脱していた学衆も教室に舞い戻り、師範代も学衆も手を取り合うように喜んだ。汁講も大阪で1回、東京で2回と張りきって、江野澤は汁講クイーンの異名をとる。これには林も唸った。どんな時でも場に尽くし、動き続ける編集が教室を上昇気流に乗せたのだ。


 「どうやってスイッチ入れたの?」。林が切り出すと「”とにかく楽しもう!”と書いたメモを壁に貼って、毎日見ていたんです」。江野澤はポッと顔を赤らめた。


  • 林朝恵

    編集的先達:ウディ・アレン。「あいだ」と「らしさ」の相互編集の達人、くすぐりポイントを見つけるとニヤリと笑う。NYへ映画留学後、千人の外国人講師の人事に。

  • 松岡正剛が迫る鈴木康代の編集、45[守]伝習座

    松岡正剛が学林スタッフにお題を出した。    「次の伝習座では康代の面白さをもっと見せたい」    45[守]伝習座が行われる一週間前の打ち合わせでのこと。  いつもであれば師範が密度の濃い講義を披 […]

  • 松岡正剛が願うモンスターの出現、44[破]伝習座

    黄色のジャケットを脱ぎ、バサリと椅子にかける。 カーキのTシャツの松岡正剛が白チョーク片手に黒板に向かう。    2020年5月30日(土)、44[破]伝習座、夜の本楼にて。 松岡がライトを浴びて火を吹いた。誰 […]

  • 松岡正剛が語る花伝所という方法、入伝式前夜

    「編集学校の花伝所は守破離の講座のブーツストラッピングであり基礎工事を全部やってる」   2020年5月15日(金)、33[花]入伝式前夜の本楼にて。 松岡正剛校長は円座を組み田中晶子所長、三津田知子花目付に向 […]

  • 44[守]勧学会に登場「空文字アワー」って?

    誰がどんな文字を入れるかは知らないが、入れてみたら確かにつながる「空文字アワー」のお時間がやってまいりました。   どこかのテレビ番組のパロディかと思しきこの企画は、守稽古の用法1が終わる頃に毎期開催していた教 […]

  • シーザー中毒にご用心? 43[守]別院

    「さすが師範の観察眼。ウケる、いや、唸ること間違いなし」。景山和浩番匠がシーザーこと井ノ上裕二師範の切れ味鋭い記事を別院にダイジェストで紹介した(2019年9月5日)。ニュースがニュースを呼ぶ。勧学会やチームラウンジで […]