松岡正剛 ×イシス多士済々 教育新聞の長期連載スタート!

2020/01/02(木)20:46 img
img
 読書力低下の深層には編集力の低下がある。
 教育新聞元旦号に松岡正剛校長の3時間になるインタビュー「松岡正剛さんに聞く 読書力低下の深層(上)」が掲載された。(全文は購読会員限定コンテンツ)。表面化している日本人の読書力低下の問題から、東西文明の違い、日本語成立の歴史から維新期に何を失敗したのかまで校長の話は及んでいる。今回のインタビューを担当したのは教育新聞編集委員 佐野領氏。校長とは産経EXのBOOKWARE連載で勝手知ったる間である。
 
 今回のインタビューを佐野氏による章立ての見出しだけ紹介してみよう。
 前編
 ・ヨーロッパ型読解力がたどった道筋
 ・ヘロドトスや聖書は元々ブログ的
 ・漢字の文章は文字の意味から読む
 ・漢字に出会った日本人の大改革
 ・現在の読解力は江戸中期にスタート
 ・明治維新 東西の差を組み立て損ねた
 
 後編
 ・情報とは何か 3つのキーワードで理解する
 ・情報は「乗り換え」「着替え」「持ち替え」を起こす
 ・連想力を磨くスキル①問・感・応・答・返
 ・連想力を磨くスキル②冗長度を含んだ授業
 ・連想力を磨くスキル③集合知をみせるワークショップ
 ・連想力を磨くスキル④スキルにゲーム性を持たせる
 ・日本にはクリエイティビティの評価言語がない
 

 目次を一読して内容が大体想像できたという方は、かなりの松岡正剛フリークか、イシス編集学校の師範もしくは千離衆であろう。前編は歴史を紐解くことで、どこに問題や課題があるのかを明らかにし、後編では教育問題に対し具体的な解決方法を示している。

 教育新聞では校長のインタビュー2回に続き、イシス編集学校による「探究と方法」と題された連載がスタートする。第一回は法政大学総長で千離衆でもある田中優子さん、第二回は金蘭千里中高の国語教師で師範の師範とも呼ばれる川野貴志師範、第三回は『先生、この「問題」教えられますか』(新書y)を昨年12月に出版したばかりの矢萩邦彦師範代を予定している。その後も、様々な師範、師範代のラインナップで一年以上に渡って連載が続いていく。アクティブラーニング、自己肯定感、探究学習、e-ラーニング、リカレント教育、リベラルアーツ、21世紀型人材といった教育業界のキーワード。イシス編集学校がこれらのキーワードに対して、20年の実践からどのような可能性を示せるのか注目である。

 
 

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 【多読ジム】GWはセールだよ!千夜リレー伴読★1770夜『小枝とフォーマット』

    セイゴオ・マーキング動画に古今東西アトラス絵巻三連発。待ちに待ったミシェル・セール、そして図像も大盤振舞いとGWにふさわしい一夜がアップされました。9つにナンバリングされた松岡正剛のセール読みはぜひ当夜でご堪能ください […]

  • 遂に20冊!エディション『仏教の源流』発刊

    仏像の横に『仏教の源流』。地中から湧いて出た地湧の菩薩さながらに、「空」の字紋のエディションと仏像写真を並べてみた。『本から本へ』『デザイン知』で口火を切った千夜千冊エディションも、『仏教の源流』でとうとう20冊目とな […]

  • 守破に新ロール誕生! 奴らがSCOOPを狙っている!

    ベールがまた一枚剥がされる。2015年『インタースコア』発刊、守破離のプログラムの一部が明るみに。2019年「遊刊エディスト」開始、イシスの日常がニュースになった。そして2021年、[守][破]に「番記者」が誕生する。 […]

  • 輪読座、4月25日から「柳田国男を読む」開座間近!

    世阿弥、白川静に続く今期の輪読座、4月26日より開座する日本哲学シリーズは「柳田国男を読む」に決まった。古事記・日本書紀、万葉集にはじまり、聖徳太子、空海、閑吟集、三浦梅園、西田幾太郎、折口信夫、井筒俊彦、南方熊楠など […]

  • 加速する思考を体感すべし![守]速修コース申込み開始

    短くなったら薄まるか。いやいや濃縮、凝縮、超加速する。  イシス編集学校[守]では、38のお題と編集稽古を通して、思考が加速していく。その加速がさらに加速する速修コースが30名限定で5月末よりスタートする。その実感は守 […]