物語講座締切迫る。誰か私にかかってこんかい!

10/02(水)10:00
img

 誰か私にかかってこんかい! と言ったわけではない。しかし、彼女の闘志は燃えたぎっているはずだ。

 

 イシス編集学校に携わった者であれば、誰もが知る師範・大音美弥子がいよいよ物語講座を学衆として受講する。師範代、師範として数えられないほど後進に影響を与えてきた師範。離のOBからなる共読、声文会を本楼で立ち上げた活動家。『千夜千冊エディション』の編集校正にも携わり、来年1月開講予定の多読ジムではプログラム開発の先頭を走っている大音。唯一受講経験がなかった物語講座で、講座受講のグランドスラムが達成する。多読ジムが本格的に走り出したら、講座リーダーとなり、いつ受講できるかわからない。15年ぶりの学衆として物語講座に賭ける思いは熱い。 

 

 その熱波に呼応したのか、現在退院前の離からは三津田恵子師範代(花伝所 三津田知子花目付の姉)、政近玲子師範代(息子は花伝所放伝の政近岳)も早々と物語講座を申し込んでいる。物語講座といえば、4ヶ月で5本の物語を書き上げ、リプレセンテーションを競う。イシスきってのガチンコ稽古を楽しみたいなら物語講座を受講するのが一番だ。秋の編集セメントマッチ。開講まで一週間を切った。

 

 物語講座は10月7日開講。[遊]講座詳細はこちら

 

 


  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 男は何をつぐなうのか。金宗代の新ロール

    エディストの副編集長にして、かつては離の半東で右筆。  NARASIA3のエディターであって、幻のジャパンウェア講座の執筆担当。  山本直樹をISISフェスタに呼んだ仕掛け人で、近大DONDENの選書リーダー。     […]

  • 蒐譚場速報 校長メッセージ「秘する故実十七段」

    「生きる」ことは物語とどう出会うか。自分の物語をつくる、他者の物語と出会う。    11月16日(土)13時から第十三綴[遊]物語講座のリアルイベント蒐譚場が始まった。冒頭の松岡校長の開口一番メッセージだ。  「今の社 […]

  • 明日開催!二度とないミニ茶室での編集ワーク

    『五輪書』の一節の横に立つ女性。ここはどこ? あなたはだれ?  写真の場所、実は本楼に設えられたミニ茶室。遠州流の小堀宗実家元と松岡正剛校長が「本茶会」を開催した折に設えられた。その名も「半想庵」。そして、佇む女性はイ […]

  • 入伝式速報!花伝所の校長メッセージは「風」

    花伝所はLiving Editingでいく。  田中晶子所長の開講にあたってのメッセージだ。32回目を迎えたISIS花伝所の入伝式が10月26日(土)13時にスタートした。入伝生、師範、学林局、校長が始めて顔を合わせ、 […]

  • 輪読座存亡の危機?!バジラ日本哲学はどうなる?

    本楼に輪読座衆は1名?  10月27日(日)13時からスタートする輪読座が存続の危機にさらされている。  これまで、空海、万葉集、日本書紀・古事記、唯識に華厳、折口信夫、井筒俊彦、西田幾多郎、そして南方熊楠とつづいてき […]