物語講座締切迫る。誰か私にかかってこんかい!

2019/10/02(水)10:00
img

 誰か私にかかってこんかい! と言ったわけではない。しかし、彼女の闘志は燃えたぎっているはずだ。

 

 イシス編集学校に携わった者であれば、誰もが知る師範・大音美弥子がいよいよ物語講座を学衆として受講する。師範代、師範として数えられないほど後進に影響を与えてきた師範。離のOBからなる共読、声文会を本楼で立ち上げた活動家。『千夜千冊エディション』の編集校正にも携わり、来年1月開講予定の多読ジムではプログラム開発の先頭を走っている大音。唯一受講経験がなかった物語講座で、講座受講のグランドスラムが達成する。多読ジムが本格的に走り出したら、講座リーダーとなり、いつ受講できるかわからない。15年ぶりの学衆として物語講座に賭ける思いは熱い。 

 

 その熱波に呼応したのか、現在退院前の離からは三津田恵子師範代(花伝所 三津田知子花目付の姉)、政近玲子師範代(息子は花伝所放伝の政近岳)も早々と物語講座を申し込んでいる。物語講座といえば、4ヶ月で5本の物語を書き上げ、リプレセンテーションを競う。イシスきってのガチンコ稽古を楽しみたいなら物語講座を受講するのが一番だ。秋の編集セメントマッチ。開講まで一週間を切った。

 

 物語講座は10月7日開講。[遊]講座詳細はこちら

 

 


  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 資本主義問題

    一足早い「金」メダル?『資本主義問題』発刊!

    時計と株価と価格の海に今まさに降り立たんとする千夜千冊エディション。  全国で二十冊到達記念の千夜千冊エディションフェアが展開中であるが、その渦中に発刊したばかりの21冊目『資本主義問題』である。背景はダンボールに新聞 […]

  • 【オツ千vol.1】俺たちみんなでグノーシスる

    いきなり始まった「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村と千冊小僧ことデザイナーの穂積、「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走す […]

  • 池袋にホンゴジラ現る! 書店でトライアスロンとはこれいかに?

    大音美弥子冊匠、またの名をホンゴジラ、またの名を嵐を呼ぶ女。嵐といっても天気は快晴。しかし、フロアまたぎの書店トライアスロンに、帰宅ラッシュの山手線ストップと、大音まわりは暴風状態の一日となった。  緊急事態宣言下最終 […]

  • ゴジラVSホンヤ2 新宿3連発はホンキやでぇ

    池袋に続いて新宿も。ホンゴジラが副都心から攻めている。ホンゴジラこと冊匠・大音美弥子。書店への10年越しの凱旋第二弾ワークショップは、同じ書店での三連打になる。その書店とは、ブックフェアの第一弾であり、最大規模のブック […]

  • ゴジラVSホンヤ この夏、本は地球を救う

    ホンヤにホンゴジラ来襲! 伝説の書店・松丸本舗の閉店から10年。眠れるゴジラが目を覚ました。ホンゴジラとはもちろん、イシス編集学校師範の多読モンスター・大音美弥子である。客単価No.1のブックショップエディター、多読ジ […]