男は何をつぐなうのか 「代将」というニューロール

2019/11/27(水)16:09
img
 エディストの副編集長にして、かつては離の半東で右筆。
 NARASIA3のエディターであって、幻のジャパンウェア講座の執筆担当。
 山本直樹をISISフェスタに呼んだ仕掛け人で、近大DONDENの選書リーダー。
 
 その男の名は金宗代。イシス編集学校で師範代を務めていないにも関わらず、あらゆる編集プロジェクトに彼の姿がある。2020年にオープン予定の角川武蔵野ミュージアムの選書にも、もちろん携わっている。しかし、金にはこれまでロール名がなく、周りからも「キムくん、キムくん」と、近所のお兄ちゃんみたいに、ただ「くん付」で呼ばれるだけであった。
 
 その金宗代に、松岡校長からようやく新たなロール名が与えられた。その名も「代将」(だいしょう)。校長をはじめ、リーダーたちの「代」を務めつつ、それを上回る「将」としての力量を発揮してきた金にふさわしいネーミングとなった。NEXT ISISのニューリーダー、将軍としての期待も込められている。「あんたがダイショー!」というわけだ。
 
 しかし、「代将」に込められている意味はそれだけではないだろう。
 金が講座全体の企画構成から新たな評価システムまで手がけているのが、2020年正月にスタートする読書講座「多読ジム」。多読ジムの新運営リーダーである大音美弥子のロール名が「冊匠(さっしょう)」。ナビゲーターである冊師の勉強会(伝習座にあたる)の名前が「工冊會(こうさつえ)」に決まった。その言葉の響きから冊匠=殺傷、工冊會=絞殺会と物騒な連想をする人もいるだろう。そうすると「代将」はその罪をつぐなう、つまり「代償」するという意味も込められているのかもしれない。厳しくも優しい、きついけど楽しい、痛くて気持ちいい。受講者にとってたまらない多読ジムになっていってほしい。いやそうしてほしい。それはロール名として初めて「将」の字を冠した、金代将の手腕と器量にかかっている。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 【多読ジム】GWはセールだよ!千夜リレー伴読★1770夜『小枝とフォーマット』

    セイゴオ・マーキング動画に古今東西アトラス絵巻三連発。待ちに待ったミシェル・セール、そして図像も大盤振舞いとGWにふさわしい一夜がアップされました。9つにナンバリングされた松岡正剛のセール読みはぜひ当夜でご堪能ください […]

  • 遂に20冊!エディション『仏教の源流』発刊

    仏像の横に『仏教の源流』。地中から湧いて出た地湧の菩薩さながらに、「空」の字紋のエディションと仏像写真を並べてみた。『本から本へ』『デザイン知』で口火を切った千夜千冊エディションも、『仏教の源流』でとうとう20冊目とな […]

  • 守破に新ロール誕生! 奴らがSCOOPを狙っている!

    ベールがまた一枚剥がされる。2015年『インタースコア』発刊、守破離のプログラムの一部が明るみに。2019年「遊刊エディスト」開始、イシスの日常がニュースになった。そして2021年、[守][破]に「番記者」が誕生する。 […]

  • 輪読座、4月25日から「柳田国男を読む」開座間近!

    世阿弥、白川静に続く今期の輪読座、4月26日より開座する日本哲学シリーズは「柳田国男を読む」に決まった。古事記・日本書紀、万葉集にはじまり、聖徳太子、空海、閑吟集、三浦梅園、西田幾太郎、折口信夫、井筒俊彦、南方熊楠など […]

  • 加速する思考を体感すべし![守]速修コース申込み開始

    短くなったら薄まるか。いやいや濃縮、凝縮、超加速する。  イシス編集学校[守]では、38のお題と編集稽古を通して、思考が加速していく。その加速がさらに加速する速修コースが30名限定で5月末よりスタートする。その実感は守 […]