男は何をつぐなうのか 「代将」というニューロール

2019/11/27(水)16:09
img
 エディストの副編集長にして、かつては離の半東で右筆。
 NARASIA3のエディターであって、幻のジャパンウェア講座の執筆担当。
 山本直樹をISISフェスタに呼んだ仕掛け人で、近大DONDENの選書リーダー。
 
 その男の名は金宗代。イシス編集学校で師範代を務めていないにも関わらず、あらゆる編集プロジェクトに彼の姿がある。2020年にオープン予定の角川武蔵野ミュージアムの選書にも、もちろん携わっている。しかし、金にはこれまでロール名がなく、周りからも「キムくん、キムくん」と、近所のお兄ちゃんみたいに、ただ「くん付」で呼ばれるだけであった。
 
 その金宗代に、松岡校長からようやく新たなロール名が与えられた。その名も「代将」(だいしょう)。校長をはじめ、リーダーたちの「代」を務めつつ、それを上回る「将」としての力量を発揮してきた金にふさわしいネーミングとなった。NEXT ISISのニューリーダー、将軍としての期待も込められている。「あんたがダイショー!」というわけだ。
 
 しかし、「代将」に込められている意味はそれだけではないだろう。
 金が講座全体の企画構成から新たな評価システムまで手がけているのが、2020年正月にスタートする読書講座「多読ジム」。多読ジムの新運営リーダーである大音美弥子のロール名が「冊匠(さっしょう)」。ナビゲーターである冊師の勉強会(伝習座にあたる)の名前が「工冊會(こうさつえ)」に決まった。その言葉の響きから冊匠=殺傷、工冊會=絞殺会と物騒な連想をする人もいるだろう。そうすると「代将」はその罪をつぐなう、つまり「代償」するという意味も込められているのかもしれない。厳しくも優しい、きついけど楽しい、痛くて気持ちいい。受講者にとってたまらない多読ジムになっていってほしい。いやそうしてほしい。それはロール名として初めて「将」の字を冠した、金代将の手腕と器量にかかっている。

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 特報!感門番組表 見所はここだ!

    ようこそ感門、キョウドクッック♪ 昨夏の20周年感門2DAYSの記憶も新しいが、感門2DAYSが帰ってきた。タイトルは「INFORM共読区」である。「共読区(キョウドック)」は2011年3月11日の大震災のあと、一ヶ月 […]

  • 一年納めの本棚掃除、6万冊の煤払い

    一年で最も汚い格好をした輩たち。    いや失礼、汚れてもいい服装でうち揃った編集工学研究所、松岡正剛事務所スタッフ20名。装備はサッサとモップと軍手とマスク。特別参加にエディットツアーをつとめたばかりの上杉師範代を迎え […]

  • 【イシス祭レポ@大分】いいちこ!ヤバケイ7景、万事オーケイ

    前代未聞の7人のナビゲーター。   会場が大分の耶馬渓だけに、これはヤバ系? 時間も大幅にオーバーするのではと関係者がやきもきするなか、大分エディットツアー「いいちこ!大分編集祭り」が開催された。   […]

  • 【イシス祭@島根】地味で「ないもの」ばかりの編集ですが

    「地味」の「地」には本来備わっている性質の意味があり、「味」は趣きの意味がある。  島根は地味だ地味だと言われるが、それは日本の本来があると言い換えられるのかもしれない。島根エディットツアーオンラインでは、島根出身の景 […]

  • 京娘三人羽織は、はんなりしたはった?

    えらいはんなりしたはりますなぁ。  床の間をバックに浴衣姿の師範・福田容子はいつもよりかなりはんなり(通常比2.5倍)で、ナビをつとめた。その福田をサポートするのは梅澤奈央、阿曽祐子の両師範代。大阪天満育ちで京都在住2 […]