良き読み手を育てたい [遊]十二綴・師脚座

09/23(月)09:36
img

 木村久美子月匠は、[遊]物語講座の学匠をつとめる。しかしながら、2019年8月24日、豪徳寺の学林堂で催された師脚座にその姿はなかった。夏風邪により無念の欠席。十二綴は負の先払いからの船出となった。


 八田英子律師が木村学匠から託された言葉で座を開く。赤羽卓美綴師、吉村堅樹林頭のあいさつのあと、師範と師範代が近況と抱負を述べる。ここで4つの文叢名が発表された。

 

 ◇白鯨大地文叢    岩野範昭 師範代、前原章秀 師範
 ◇リリス草迷宮文叢  裏谷惠子 師範代、福澤美穂子 師範
 ◇ニルス吉里吉里文叢  猿子修司 師範代、小濱有紀子 師範
 ◇百日紅ギャツビー文叢 松井路代 師範代、森井一徳 師範

 

 2つの文芸作品の一種合成によるネーミング。キャスティングこそがイシス編集学校の講座をマネージする肝である。各チームの師範と師範代が隣り合うように席替えする。


 冒頭、赤羽綴師が稽古の順番が大きく変わることを説明する。「書き手だけではなく、良き読み手を育てることも大切にしていきたい」。プロローグのお題の狙いを皮切りに、カリキュラムに沿って技法のレクチャーに入っていく。


 福澤師範がトリガーショット、小濱師範が編伝1910を語る。窯変三譚の落語解説が終わった頃、サングラスをかけた松岡正剛校長がすっと入ってきた。「そのまま続けてね」とくつろいだ様子で椅子にかける。森井師範が軽快にミステリー方法を列挙する。


 前原師範が幼な心のスコープの指南モデルを取り出し、手渡していく。岩野師範代と松井師範代は前綴の経験を重ねて応じる。裏谷師範代と猿子師範代はより叢衆に近い立場でクエスチョンを投げかける。稽古の取り組みやすさに目配りしながら、全員で細かな改変を検討する。


 あっという前に時間は過ぎて、いつの間にか、セミの声が止んでいる。吉村林頭の進行で松岡校長とQAを交し合う。地域に火をつける方法、日本語のアヤの起源、脳と文字と物語の変遷、等々。

 

 午後8時、セッションは白熱を増す一方だ。「お弁当を出したら」と校長が促す。雑談(ぞうだん)の空気のなか、話題はますます万象へと広がっていく。

 

 

10月7日開講!物語講座第十二綴は只今受付中


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。11歳の長男と独自のホームエデュケーション。6歳の娘、夫と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 山手線が止まると東海道新幹線弁当が売れる

       11月16日、物語講座・蒐譚場へむかう朝。ようやく新幹線「のぞみ」東京行きのシートに落ち着いた松井路代師範代はあることに気がついた。  さっき京都駅で買ったはずの、「とり松」のバラ寿司弁当が見当たらない。 […]

  • 蒐譚場・文叢六譚のインナーストーリー【後編】

    <編集会議>グループワークの後、各文叢からストーリーテラーとプロモーターが登壇し、新しく生まれた物語を発表した。  白鯨大地文叢から飛び出した物語は『白蟻』。  帯は「表:大人のための日常ホラー!?/裏:バブルの終わり […]

  • 蒐譚場・文叢六譚のインナーストーリー【前編】

    [遊]物語講座・蒐譚場、前半のメインワークは「文叢六譚」だ。2つの文学作品を一種合成し、文叢ごとに新たな物語を生み出す。  といっても、実際に執筆するのではない。タイトル、キャッチコピー、著者名、章立てをアウトプットし […]

  • 1910年のビッグネーム [遊]物語講座

    [遊]物語講座では、2か月目に「編伝」に取り組む。ワールドモデルは1910年。興の動いた歴象トピックスを取り上げ、史実を元にストーリーを組み上げていく。    十一綴までの編伝作品で、110人を超えるキャラク […]

  • プロット・マインドで「罠」 12綴開講メッセージ

    2019年10月7日(月)、[遊]物語講座12綴が開講した。今年度は、白鯨大地文叢、ニルス吉里吉里文叢、百日紅ギャツビー文叢の3文叢、19名の叢衆での幕開けとなった。  「国王が亡くなった、そして王妃が哀しみのあまり亡 […]