蔵出し隊結成秘話 福田恵美の苗代

10/17(木)20:17
img

 蔵から出すから蔵出し隊。何を蔵出しするかと言えば、イシス編集学校に大量に眠る松岡正剛校長の講演だ。


 隊の結成を呼び掛けた福田恵美師範代は、足を運んだ講演でメモをとり、まとめて共有するのを習慣としていた。何度か繰り返すうちに、校長の話は、名詞をメモにとっても、あとで意味が通じないことに気がついた。動詞がなければ文章にできない。さりとて、講演を聞きながら、リアルタイムで文章を編集するには限界がある。そこで、吉村林頭に校長の講演音源を借りて、文字起ししたいと志願した。こうして蔵出し隊の活動がはじまった。


 校長講演の文字起こし、やりたい人はたくさんいるはず。福田は、蔵出し隊が編集学校を突破した人のその後のニューロールになりうると考えた。[離]や師範代への道はハードルが高く、編集学校に関わり続けられない人のために、蔵出しはちょうどいい負荷で、極上の編集知に触れ続けることができる。

 

 [守]や[破]の修了後、生活の中でじわりじわり学んだ編集術の意義に気づき始めていく。その場にいて、一度聞いたはずの校長校話の文字起しを蔵出ししてみて、あらためて肚落ちし、編集学校を再受講した人もいた。福田師範代の行動原理は、目の前にあるものをつかまえること。自分を媒介にして隣同士のものをくっつけること。いいなと思うものは何かがつながっているということが、本業とNPO活動を並走してきた福田の実感だ。


 フライング気味とも言えるほどの行動力が真骨頂と林頭も評価する福田恵美の身軽さの秘密。それは、自分ですべてやらなきゃいけないとは思っていないということだ。「種蒔きはするけれど、わたし自身も育っていった先が楽しみなんです」。蔵出し隊の果実は近々、遊刊エディストでお披露目される予定だ。福田は林頭に聞いた5秒後にはさっそく隊員たちに報告している。


 福田恵美は「やりたい!」という好奇心の種を撒いた苗代に、周りをどんどん巻き込んでいく。今、東京と長野の飯綱で二拠点生活を送り、りんごをつかったブランドの開発と販路開拓に取り組んでいる。

 

福田師範代の最新の活動はこちらから。
ハネダシりんごを美味しいお菓子に! りんご農家とパティシエの交流会を開催


  • 林 愛

    編集的先達:山田詠美。日本語教師として香港に滞在経験もあるエディストライター。いまは主婦として、1歳の娘を編集工学的に観察することが日課になっている。千離衆、未知奥連所属。

  • 軌跡を残すは石か、イシスか マタギの里・阿仁

    「WA Rockはじめました」。夏のある日、秋田県北部のマタギの里・阿仁に向かう途中、あまりの暑さにソフトクリームを買った店で、レジ横にそんなメッセージを見かけた。「WA」とはWestern Australiaのこと。 […]

  • コーヒー片手に珈琲座 [遊]風韻講座

    豆から挽いた珈琲が落ちるのを待つ香ばしさ。2014年のイシス編集学校[遊]風韻講座の座名は珈琲座だった。エディットカフェに座を覗きに帰ると、旧かな遣ひで五七五に遊んだ時間をそのまま味わえる。    編集学校の […]

  • 【特集】ETS群島リレー09@仙台 羽生結弦ファンを地にすれば

    ガラス張りの会議室を占める半円形のテーブルは参加者とスタッフでぎっしりと埋まった。廊下側から足を止めて、壁に貼られたエディットツアーのチラシを眺める人が何人も通り過ぎる。    そこは森の都。定禅寺通りのけや […]

  • 【特集】ETS群島リレー02@仙台 森由佳の”はじチラ”

    未知奥連(みちのくれん)の弦主・森由佳はジュンク堂仙台TR店をぐるーっと一周していた。弦主の生業は、銀行の内勤だ。営業の経験はない。落語家や漫画『ONE PIECE』(尾田栄一郎、集英社)のキャラクターが印刷されたレジ […]

  • 【特集】ETS群島リレー01 打ち上げ花火、北から見るか南から見るか

    2019年8月10日から12日かけて、この夏の3日間、日本全国12会場で編集稽古の花火が打ち上げられた。[守]学匠鈴木康代が仕掛けたエディットツアースペシャルだ。  かねて東北での編集ワークショップの機会を窺っていた学 […]