記憶を喚起する”物語”が鍵 鈴木康代の未知奥物語

10/22(火)12:59
img

 3・11後、多くの人がフクシマから退避した。郡山在住の鈴木康代(8[離])は取り残されたように感じた。この地に移住した先祖を一度は恨んだ。


 自宅の庭を眺めるうちにそれは後悔に変わり、ある決心にいたった。「この郷土に住み着いた名もなき人びとの歴史と文化を言葉にしよう」。


 鈴木は地元で聞き取りを続け、記録を試みる。ある老婆は、災害体験を「なかったこと」にしていた。鈴木は推測する。生活基盤が瞬時に崩壊するような苛烈な体験によって「自分と事件」「現実と想像」の境目があいまいになったのではないか。


 別の老人は、洪水時に牛や馬と一緒に流された体験を淡々と語った。それはあまりにも非日常的な事件だった。聞き取りの記録で再現し、他者に伝えることは難しい。

 

 鈴木は気がついた。「例えば手入れした庭の木々にも、思い出がある。3・11は、そういった生活の文脈を破壊した。ならば、再生すべきは記憶と想像力を喚起するための物語ではないだろうか」。

 

 鈴木の東北編集は遅々としている。どう物語をつくるのか見当もついていない。だが、その編集の歩みが止まることは決してない。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。バンコク在住、湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。

  • 若手とベテラン 表情にも注目の感門之盟

    午前十時の本楼では感門之盟のリハを実施中だ。 若手司会者の加藤めぐみと上杉公志の表情は、どこまでも固い。   他方、桂大介と白川“らくだ”雅敏は、ベテラン師範の余裕の表情を見せる。特に、白川“らくだ”は「リハー […]

  • 冷酒が飛び散るジンギスカン焼肉屋にて サイエンティスト・迫村勝との対話

    「明日はお好きな場所、時間でいいですよ。なにかご希望は。」 迫村勝(師範・サイエンティスト)からのメールに、井ノ上裕二(師範・会社員)は「お任せします」と返事をした。 長い海外生活を終えた井ノ上が、真っ先に連絡をした先が […]

  • コマス師範代の編集力と不足 44[守]汁講の風景

    神戸から駆けつけた女性と目を合わさない。対話もしない。  19年12月15日、兄弟教室との合同ランチ汁講時の小桝裕己(44[守]トポス清冽教室師範代)は、中華料理を無心に食べる。     前日の伝習座で小桝の […]

  • 冬将軍に防戦した師範代-山本辰之の記録

    「もう、それほど私の残されている時間はありません。次の世代に何を手渡せれるのか?それは、編集学校の『方法』である。それしか無いだろうと確信しています」。  42[守]児雷也教室師範代・山本辰之が決意を表明した。山本は富 […]

  • 上を向いて笑う白川“らくだ” 44[守]伝習座前日の本楼

    「根本的な問いってなにか、ということなんだよね」。   林頭・吉村堅樹が清水優年(44[守]師範)に問いかける。     2019年12月13日の20時45分。44[守]第二回伝習座前日の本楼での光景だ。清水 […]