9人の”冊師” 多読ジム第一回”工冊会”(申込〆切まであとわずか)

11/27(水)22:21
img

 おおくぼかよ、加藤めぐみ、松尾亘、宮川大輔、宮野悦夫、増岡麻子、丸洋子、山田小萩、吉野陽子。2019年11月24日、多読ジムの第一回”工冊会”(こうさつえ)が開催され、各スタジオをもてなす9人の”冊師”(さっし)が初めて顔を合わせた。吉野のホームグラウンドは兵庫、宮野は山形から駆けつけた。宮川にいたっては甲府の老舗本屋・春光堂書店の店長さんである。

 

 冊師の位置づけは師範代、工冊会は[守]・[破]の伝習座を連想するかもしれないが、実は似て非なるものである。最大の相違は、多読ジムは基本的に自主トレがメインであり、”指南がない”ということ。指南がないのなら、冊師ロールはいったい何をすべきなのか。それがモンダイだ。

 

 冊師は自らも読み手になる。指南がないとは言っても、型や方法で使う点では他の講座と変わらない。多読ジムの「読み」とは一言でいえば、[守]の38番を駆使することだ。”余地”や”遊び”が大きいのは、自由・自在・自信の”三自”を重んじる読相術の方針にもとづいている。今後の工冊会では、松岡正剛校長の読相術のアップデート講義もおこなわれる予定だ。

 

 読衆の顔ぶれ、カリキュラム内のブックリストや課題本のバリエーション、そこに指南とは異なる冊師のナビーションが加わって、3か月のシーズンごとにスタジオは変奏する。冊師ロールは編集学校史においても、おそらく読書史においても未知の試みである。とりわけ、9人の冊師たちが新たなモデルをつくっていく黎明期は、読書の歴史あるいは読者の歴史を画期する1コマになるかもしれない。

 

 あらためて、多読ジムの冊師およびボードメンバーは以下の通り。

 

 冊師:おおくぼかよ、加藤めぐみ、松尾亘、宮川大輔、宮野悦夫、
    増岡麻子、丸洋子、山田小萩、吉野陽子
 月匠:木村久美子
 冊匠:大音美弥子
 多読師範:福田容子、米川青馬、小倉加奈子
 代将:金宗代
 林頭:吉村堅樹

 

 多読ジムの読衆の〆切は今月末まで、定員はあとわずか。

 https://es.isis.ne.jp/gym

 


  • QUIM JONG DAE

    編集的先達:Seigow・M. 最年少典離以来、幻のNARASIA3、近大DONDEN、多読ジム立ち上げ、2020オープンのエディットタウンと数々のプロジェクトを牽引。先鋭的な編集センスをもつエディスト副編集長。

  • 「倍返し」できたかどうか 校長ゼッコーチョー【20周年感門之盟】

    それにしてもコレ、すごいね。「倍返し」できたかどうかわからないけれど。   番組「校長ゼッコーチョー」に出演した松岡正剛校長は、第74回感門之盟エディットジャパンのタブロイド紙「EDITOR SHIP」を絶賛し […]

  • 【三冊筋プレス】黄色い本 セイゴオ・Mという名の先生(金宗代)

    「いつもいっしょでした/たいがいは夜/読んでないときでさえ」    北国の田舎町に暮らす17歳の高校生・実ッコこと田家実地子(たい・みちこ)[※01] は、図書館からロジェ・マルタン・デュ・ガール『チボー家の人 […]

  • 【三冊屋】「見る」という術(田中泰子)

    今回の新型ウイルスは、感染していても発症しない場合もあるというので厄介だ。「見えないもの」と言えば、差別やいじめなどもある。そして、このウイルスが世界中に蔓延したことで、社会機構の抱える問題など改めて見えてきたこともた […]

  • 【三冊屋】落下するマダニ 転移する琵琶法師(高木洋子)

    生物たちが独自の知覚と行動でつくりだす世界を「環世界(Umwelt)」という。おなじ時間と空間を共有しているが、どの生き物もそれぞれに違う世界を生きている。  「世界はひとつ」と信じて生きてきた人間たちにとって自分とい […]

  • 今日は何の日? GOZスタート!!!!!!!!!

    今日は何の日? 正解は「防災の日」。祝日ではありませんが、敬老の日や勤労感謝の日のように、その名のとおり、災害についていろいろ考えてみましょうという日なのですが、なぜ9月1日が防災の日なのか知っていますか?   […]