ISIS 20周年師範代リレー[第3期武沢護 唯一の走破者]

06/28(日)09:48
img

 2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月1日に20周年を迎えた。現在開講中の第45期の師範代まで、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

 


 

 小泉内閣が誕生した2001年。米国ではブッシュ政権が発足し、9.11同時多発テロが起こりました。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが開園し、イチローがシアトル・マリナーズでメジャーデビューした頃、第3期は編集学校にとってチャレンジングな一年でした。教室数も少なく、師範代育成も夜明け前。様々な事情で師範代交代が相次ぐ中、木村久美子、太田香保、大川雅生、佐々木千佳も師範代として登板。最後まで全うしたのは武沢護師範代のみでした。「教育の情報化」が政策として始まったこの時期、数学教師の武沢師範代は編集工学研究所で開発をしていたデジタルプロダクトを自身の授業に取り入れたりとプロジェクトにも関わり、編集学校と蜜月を過ごしていました。

 

>あの日!あの時!千夜千冊!>
●風韻連衆に捧ぐ「はかなさ」の美学

0285夜:和泉式部『和泉式部日記』

…2001年05月04日

 

◉「一カ月に一度くらいは地球の上に乗って回っているんだということを思い出しなさいね」

0348夜:野尻抱影『日本の星』

…2001年08月02日


◎らしさ(feel)で生命を見る一夜

0446夜:グレゴリー・ベイトソン『精神の生態学』

…2001年12月21日

 


>師範代これからメッセージ>

数ある学びの場の中で、イシスをみつけることができた人はなんと幸運な人たちだろう。

 

deカルト教室 武沢護


 

Designed by 穂積晴明

 

【図版引用】

・George W.Bush from Wikipedia Public Commons
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:George-W-Bush.jpeg
・Junichiro Koizumi from Wikipedia CC 4.0
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Junichiro_Koizumi_20010426.jpg
・iPod from Wikipedia CC2.5
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ipod_1G.png
・WTC smoking on 9-11 from Flicker Michael Foran
https://www.flickr.com/photos/pixorama/239262070/in/pool-29934416@N00/

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。

  • エディストショップ#1:64技法風呂敷【20周年感門之盟】

    ノートに鉛筆、龍角散にドライバー、年表に星座盤…。 どれも『雑品屋セイゴオ』(春秋社)で登場する、校長のフェチな品々だ。     知的フェチをくすぐる品々をお届けするエディットショップが遂にオープン! […]

  • 46[守]教室名発表 ~ドラム&ギターに言祝がれ~

    第74回感門之盟、2日目の中盤にさしかかるころ、第46期[守]の師範代と教室名が発表された。   本楼スタジオでは、美濃越香織 錬成師範、嶋本昌子 錬成師範が進行役をつとめた。おなじみ浅羽登志也 師範のドラム演 […]

  • 「ガンダム」に「おまかせ」!? 出世魚した45[破]の9教室

    ブリ、スズキ、ボラは、成長とともにその名前が変わる「出世魚」だ。江戸時代には、元服や出世の際に名前を変えたことに似ているため、縁起ものとして出世魚は喜ばれたようだ。   イシス編集学校の教室名も“出世魚する”。 […]

  • 44[破] 先達文庫 第74回感門之盟

    20周年記念「Edit Japan2020」第74回感門之盟、午後の部は、44[破]突破式からはじまった。原田淳子[破]学匠が、44[破]を振り返りながら、お祝いのメッセージを贈る。   「今期は、コロナウィル […]

  • 第18座 風韻講座 アワード3賞は誰の手に?!

    第74回感門之盟の2日目。午前の部では、風韻講座 第18座 夕星座の韻去式が行われた。   風韻講座とは、編集の型を使いながら日本の定型詩を学ぶ・遊ぶ講座である。申し込み開始から、ほぼ一晩、おそくても二晩で埋ま […]