ISIS 20周年師範代リレー[第5期島津昌代 教室横断!讃岐大汁講]

07/14(火)15:02
img

 2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月1日に20周年を迎えた。現在開講中の第45期の師範代まで、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

 


 

欧州で単一通貨ユーロの流通が開始し、ブッシュ米政権がフセイン政権打倒を掲げイラク情勢が緊迫した2002年。東アジアでは日韓FIFAワールドカップが開催されて日本は初ベスト16入りを果たしました。小泉純一郎首相と金正日総書記による初の日朝首脳会談が実現したのも同年のこと。
編集学校では学校の仕組みが構築されてきた時期に入り、その後長きに渡り伝習座の定番プログラムとなった「ようそこ先輩」(ようこそではない)も始まりました。
国境を超える世界情勢を反映してか、第5期では境界を交えた大汁講を決行。主催の一人は四国・高松でカウンセラーをされている島津昌代師範代。複数の教室メンバーを高松に招いて、みんなでうどんを食べ続けるという合同汁講「四国ハイパー汁講in讃岐」。赤い糸ならぬ白いうどんで縁を繋いだのでした。

 

>あの日!あの時!千夜千冊!>
●500夜には面影を彫刻した「50グラムの勇気」

0500夜:アルベルト・ジャコメッティ『エクリ』

… 2002年03月19日

 


編集用語辞典02で刻まれた目利きの話

0520夜:村井康彦『武家文化と同朋衆』

… 2002年04月17日

 

 

〇物語編集術に挑む破学衆の必読一夜

0577夜:ジェラルド・プリンス『物語論辞典』

… 2002年07月10日

 


>師範代これからメッセージ>

相変わらず、高松の総合病院で心理臨床の仕事を続けています。イシス編集学校からいささか遠ざかり、地元で自殺予防に関わるNPOの活動に携わって12年になりました。今も「宇宙には日曜日がない」をモットーに過ごしております。
時々、TVでお見かけする松岡校長の姿に励まされていますので、どうぞ、くれぐれもお身体大切にご自愛くださいませ!!
 
うふふわふわ教室 島津昌代

 

Designed by 穂積晴明

 

【図版引用】

・SL Cauldron park from Wikipedia CC3.0
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:SL_Cauldron_park.JPG
・President Gusmao from Wikipedia Public Domain
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:President_gusmao.jpg

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。

  • エディストショップ#1:64技法風呂敷【20周年感門之盟】

    ノートに鉛筆、龍角散にドライバー、年表に星座盤…。 どれも『雑品屋セイゴオ』(春秋社)で登場する、校長のフェチな品々だ。     知的フェチをくすぐる品々をお届けするエディットショップが遂にオープン! […]

  • 46[守]教室名発表 ~ドラム&ギターに言祝がれ~

    第74回感門之盟、2日目の中盤にさしかかるころ、第46期[守]の師範代と教室名が発表された。   本楼スタジオでは、美濃越香織 錬成師範、嶋本昌子 錬成師範が進行役をつとめた。おなじみ浅羽登志也 師範のドラム演 […]

  • 「ガンダム」に「おまかせ」!? 出世魚した45[破]の9教室

    ブリ、スズキ、ボラは、成長とともにその名前が変わる「出世魚」だ。江戸時代には、元服や出世の際に名前を変えたことに似ているため、縁起ものとして出世魚は喜ばれたようだ。   イシス編集学校の教室名も“出世魚する”。 […]

  • 44[破] 先達文庫 第74回感門之盟

    20周年記念「Edit Japan2020」第74回感門之盟、午後の部は、44[破]突破式からはじまった。原田淳子[破]学匠が、44[破]を振り返りながら、お祝いのメッセージを贈る。   「今期は、コロナウィル […]

  • 第18座 風韻講座 アワード3賞は誰の手に?!

    第74回感門之盟の2日目。午前の部では、風韻講座 第18座 夕星座の韻去式が行われた。   風韻講座とは、編集の型を使いながら日本の定型詩を学ぶ・遊ぶ講座である。申し込み開始から、ほぼ一晩、おそくても二晩で埋ま […]