ISIS 20周年師範代リレー[第6期 立岡茂 つらなる熱烈回答ツリー]

2020/07/20(月)10:38
img

 2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月1日に20周年を迎えた。現在開講中の第45期の師範代まで、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

 


 

時の首相は小泉純一郎。海外を見れば、イラク情勢をめぐる緊迫の連続。そんなころ、イシス編集学校では、第6期[守]が始まりました。当時エディターをされていた立岡師範代の教室では、回答のツリーがどこよりも大きく育っていたことが思い出されます。学衆たちからの回答が、つながる、つらなる!「Q力発伝」という教室名のごとく、情熱の指南が届き、応答がどこまでも繰り返され、発電ならぬ発伝の連鎖。確かな指南の腕前から、花伝所のカリキュラムづくりではよく相談させていただきました。熱烈師範代が、教室全体をどう見ながらマネージするのか?今でも、「キーメンバーを生かす」という方法が、師範代マニュアルのなかに、刻まれています。

 

>あの日!あの時!千夜千冊!>
⦿この時代の編集学校を、松岡正剛はどう見ていたのか?

0813夜:寺田元一『「編集知」の世紀』

… 2003年07月09日

 

◎生物には、キリがないほど謎が多い

0802夜:クリス・レイヴァーズ『ゾウの耳はなぜ大きい?』

… 2003年06月24日

 

〇16~17世紀前半のヨーロッパにみる差別・マイノリティ・ジェンダー問題

0693夜:ベルント・レック『歴史のアウトサイダー』

… 2003年01月16日

 


>師範代これからメッセージ>

常に『揺れている』ことこそが、編集思考の醍醐味だと思います。

今ある状況を常に揺らし続け、まだ誰も見たことのない世界を切り拓いていってください。

 

Q力発伝教室 立岡 茂

 


 

Designed by 穂積晴明

 

【図版引用】

・Sudbury Neutrino Observatory from Wikipedia CC4.0
https://en.wikipedia.org/wiki/File:Sudbury_Neutrino_Observatory.detector_outside.jpg

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。