ISIS 20周年師範代リレー[第11期伊藤真由美 指南とは学衆をいきいきとさせるもの]

2021/01/25(月)10:28
img

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

◇◇◇

 

ロンドンなど世界各地でテロが相次いだ2005年。国内が愛知万博「愛・地球博」で沸く中、11期の師範代には、高橋秀元、田中俊明、赤羽卓美、森由佳、森美樹、そして伊藤真由美が立ちました。その後も編集学校を牽引する顔ぶれです。伊藤、森由佳は守番匠となり、田中、森美樹は破番匠に登板し『物語編集術』の出版にも尽力。そして、赤羽は[遊]物語講座を、高橋は輪読座を立ち上げ、方法を伝える師として南を指し続けています。

11期師範代は同期の結束も強く、感門之盟では学林局スタッフに師範代から感門表を贈るほどでもありました。

伊藤真由美師範代は学衆をいきいきとさせる指南が定評で、守番匠となった時も師範代が頑張れるように励まし、持ち前の懐の広さで学びの場を支え続けました。のち、2012年の大感門では司会として華を添えた名匠です。

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

クールビズがネクタイ族の襟元を緩めた2005年。11期では冬も短パン自主クールビズな赤羽卓美師範代をはじめ、自由で飄々とした面々が風通しの良い場を共有していました。師範代皆で企画した「ゆる汁」。冨澤学匠のニコニコ全開笑顔の記憶が宝物です。

 

>これからメッセージ>

15年経ってもジワジワ効いてるイシスの学び。これからもますます仲間が増えますように!

 

葉脈のびナビ教室 伊藤真由美


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

⦿方法の魂は分節に向かう

1035夜

パウル・クレー『造形思考』

2005年05月13日

◎「いま、血を流しているところなのよ、パパ」

1040夜

倉橋由美子『聖少女』

2005年05月25日

○必読!見方のサイエンス

1043夜

エルヴィン・シュレディンガー『生命とは何か』

2005年06月03日

Designed by 穂積晴明

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 初雪のゴートクジ 2022年初詣 10shot

    初雪にして都心では積雪10cmを超えた2022年1月6日。都内での降雪は2年ぶりだという。ゴートクジISIS館の年始会は「天から送られた手紙」とともにはじまった。  カメラを抱えながら伴走した年始会。2022年の10s […]

  • エディスト・クロニクル2021 #03 ウチとソトを飛び越えて

    緊急事態宣言が全国的に解除され、師範代が1年半ぶりに本楼伝習座に帰ってきた。師範からの叱咤激励も、同期同士との励まし合いも、リアルで味わうのが初めての師範代にとってはリアル伝習座は大事件となった。  師範代がホームに戻 […]

  • 書くとは全部を出す覚悟 多読SP「大澤真幸を読む」読了式 10shot

    申込開始後、即満席となった多読ジムスペシャルコース「大澤真幸を読む」。『〈世界史〉の哲学』(講談社)を通して”大澤真幸”と交際し、稽古をやり遂げた読衆たちが本楼に集い、12月19日読了式が開催さ […]

  • エディスト・クロニクル2021 #02 真夏の知祭り

    「千夜千冊エディション20冊突破記念フェア」がはじまった。全国津々浦々、編集学校の有志が奔走し本の祭典を繰り広げる。有志たちは店舗でのフェア実施のみならず自ら記者ともなり、フォトレポート執筆までを担う。遊刊エディスト誌 […]

  • エディスト・クロニクル2021 #01 ジョーレキ誕生!

    本日より2021年のエディスト・クロニクルを3回にわけて公開します。前半は「エディスト・クロニクル」、後半は「エディストたちに聞く2021ハイライト」です。ゆく年くる年を思いながらどうか良いお年をお迎えください。 &n […]