ISIS 20th Anniversary師範代リレー[第13期 成澤浩一 一本芯が通った兄貴な師範代]

2021/02/27(土)10:49
img

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

◇◇◇

 

ライブドア・楽天によるメディア買収騒動によりヒルズ族が注目されるも、ライブドア堀江貴文や村上ファンド村上世彰らが証券取引法違反で逮捕。こうしたニュースに象徴されるように、折しも、世の中は金融資本主義が混乱をみせていた時。この頃、日本流リーダーシップを求めてリクルート・三菱商事が、三顧の礼宜く松岡正剛校長を訪ねました。果たしてビジネスパーソンたちの迷いを引き受け、松岡正剛を塾長に、[ハイパーコーポレートユニバーシティ] がスタートします。

このころ、イシス編集学校に登場した熱血・成澤浩一師範代は、スポーツ雑誌『野球小僧』の編集者でした。教室名も直球ストレートに「不惑ナックル教室」と名付けられました。成澤師範代は日本大学で授業も受けもっておられ、当時、成澤師範代の活躍に憧れる編集部の部下や授業を受けた大学生などたくさんの方々が、イシス編集学校の門をくぐりました。いわく、「編集術を使って目の前で実際にぽんぽんアイディアを出すところを見せると、相手はとにかくやってみたくなる」。まさに編集工学を実践で見せつけ、魅力を放つ兄貴的存在でした。

成澤師範代は、時代への怒りを胸に[離]を退院後、のちに[離]の火元組(指導陣)を務めました。成澤火元別当師範代のもとで文巻の海を泳いだ人たちも多数。経済が荒れている中にあっても、泰然犀利。一本筋が通った立ち姿で、学校内でも求心力を作りました。

 

 

 

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

ライブドア事件にアスベスト。姉歯御殿に鳥インフル。人口減少にイナバウワー。びっくり仰天の編集世界を駆け抜けた13期。「型」を慈しむように舐め回すように日々悶絶する学衆さんのことが好き過ぎて、吐き気がしてきて、酸っぱいものが欲しくなりました。

 

>これからメッセージ>

型をめぐる守破離の日々は、忘れようにも忘れることはできません。一生無理なんだよ。

 

不惑ナックル教室 成澤浩一


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

〇野球雑誌編集者の師範代登板初日に合わせて公開されたか?!

1077夜:竹田茂夫『ゲーム理論を読みとく』

... 2005年11月14日

◎資本主義の問題を露呈した社会が大事にしたものはハビトゥスだった

1115夜:ピエール・ブルデュー『資本主義のハビトゥス』

... 2006年02月24日

⦿動く型。動かない型。間にある型。型はいろいろなものと一緒にある。

1100夜:安田武『型の日本文化』

... 2006年01月27日

Designed by 穂積晴明

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。