ISIS 20th Anniversary師範代リレー[第15期 塩田克博 編集バッカス一時代を築く]

2021/03/26(金)10:30
img

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

◇◇◇

 

秋篠宮妃紀子さまが悠仁さまを出産された頃と時を同じくして、編集学校には中野由紀昌組長率いる九州支所「九天玄氣組」が発足しました。しかし、アツいのは支所のみならず。15[守]はその後もイシス史に名を連ねる列強が師範代として肩を並べました。[離]別当師範代まで担った塩田克博、土屋満郎はじめ、奇内花伝組二代目組長 赤松木の実、未だ最年長師範代の記録を破られていない倉部健治、花伝所の鬼師範として名を馳せた真武信一に、この人が花伝師範として立てば”名門道場”と呼ばれる清水伺名子、朱舜水研究に没入していった宮坂千穂など、15[守]で足腰を鍛えた編集猛者たちがイシスの一時代を築いていきました。

 

塩田師範代は教室名にも名付けられているように自ら”バッカス”と呼ぶ酒好きで迫村勝師範の飲み友達。その飲みっぷりは編集稽古においても引けを取らず、[破]師範、番匠時に物語編集術で5つの映画を丸飲みし、解読した講義資料は今も継承されており、[破]稽古を支え続けています。

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

キンの静香にハンカチは王子、安倍のソーリに堀江はタイホ。波瀾の15期開門。19教室には仲間への深い共感と一途に滾るライバル心が集まっていた。校長誕生日から始まった卒門カウントダウンは、「暖冬のままゴール」を迎えた。

 

>これからメッセージ>

編集という武器こそが時代を切り拓いていく方法です。これからも闘う編集学校であってほしい。

 

酔道恋道教室 塩田克博


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

〇石岡瑛子の一夜とともに15[守]は開幕した

1159夜:石岡瑛子『I DESIGN(私デザイン)』

... 2006年10月06日

◎宮崎三兄弟で除夜の鐘が鳴る。

1168夜:宮崎滔天『三十三年の夢』

... 2006年12月30日

⦿「方法の秘密」は幼なごころが知っている

1169夜:ヴァレリー・ラルボー『幼なごころ』

... 2007年01月05日

Designed by 穂積晴明

 

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • 4月の編集部Selection

    編集部イチオシSelection [2021年4月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーたちから、見逃せない ”イチオシSelection” をお届けします。   4月は、[守]も[破]も[多読ジム]も、開講ラッシュの編集学校で […]

  • イシスDO-SAY 2021年4月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ–セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。 4月はアレコレ開講の時期!どうぞお乗り遅れのないように、この […]

  • 編集部イチオシSelection [2021年3月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーたちから、見逃せない ”イチオシSelection” をお届けします。   今月は、多読ジムの丸洋子 冊師、そしてDustでおなじみ井ノ上D […]

  • 座布団からカンブリア大爆発 47[守]教室名発表 ~22教室イメージ総覧~

    第75回感門之盟、2日目を締めくくる最後のステージでは、4月から新しく教室を持つ22人の師範代と、22の教室名が発表された。   ナビゲーターである吉居奈々花伝錬成師範と山田細香 花伝錬成師範が本楼スタジオに登 […]

  • 18名全員放伝、指導陣14名が見守る34[花]放伝式

    第75回 感門之盟の2日目、突破式に続いて行われたのは、花伝所の放伝式だ。[破]を修了したものだけが許される、師範代養成コースである。   第34期[花]では、18名が演習を行い、全員みごとに放伝を迎えた。指導 […]