ISIS 20th Anniversary師範代リレー[第16期 大武美和子 暖簾の奥からのぞくウィットあふれる女将]

2021/04/23(金)14:19
img

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

◇◇◇

 

東京都心部で、観測史上最も遅い初雪が観測された2007年3月に16守はスタートしました。このころ、世界ではゴア前米副大統領の講演活動を記録した映画「不都合な真実」がヒット。日本でも1月から公開されて反響を呼びました。また、16守がクローズした直後の8月には、74年ぶりに日本最高気温が更新されました。埼玉県熊谷市・岐阜県多治見市では、最高気温が40.9度に上昇。この年、アル・ゴア氏と「気候変動に関する政府間パネル(ipcc)」がノーベル平和賞を受賞し、地球温暖化問題と人類の活動との因果関係への認知が世界へ広がった年でもありました。

 

編集学校は創設から6年目の春。熱い編集が起こり続けている時期でした。そのひとつに、今では春・秋の年2回開講が当たり前ですが、そのリズムがはじまったのが、ちょうど16守、17守の時でした。大武師範代が登板した3月開始の16守を追いかけるように、1か月後の4月にも17守がスタート。社会の息づかいと合わせようと、およそ10教室ずつに集った皆が気持ちをひとつにして走り抜けたのでした。

教室での大武師範代は、暖簾の向こうにいるようなおかみっぽさが、当時から印象的でした。しかけてとばすような応答で、教室をリズミカルに動かす。キリッと小気味よいコメントがあふれ、ウィットのあるイシスのおかみ。いまや、コースを横断的にみる大武美和子輪匠。はたまた、風韻講座では大武連雀。華麗に着物を着換えつづけて、イシス編集学校の文化にとって得難い存在になっています。

 

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

食品偽装発覚でコンプライアンス社会にぐいぐい舵がきられる中、16[守]は編集の空へ片翼で飛び立った。一ヶ月半ずれながら並走した16[守]・17[守]は、冨澤守学匠をして「あの時は大変だった」と何度も言わしめたが、それでもいつでも「一緒の守」。初々しくて熱かった。

 

>これからメッセージ>

イシスの青春期ど真ん中の16[守]から未来本来NEXTイシスへ。100 [守]になっても心意気はティーンエイジャーたれ!

 

楽屋薬玉教室 大武美和子


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

〇“地球が46億年前に誕生したとき、生命らしきものはこれっぽっちもいなかった。”

1177夜:瀬名秀明・太田成男『ミトコンドリアと生きる』

... 2007年03月14日

◎ペトロスキーは「仮説」に注目をする。アブダクションをする。では編集工学とは?

1186夜:ヘンリー・ペトロスキー『本棚の歴史』 

... 2007年05月24日

⦿枕草子と俳句の国の文化。日本人はなぜ「小さきもの」が好きなのか。

1188夜:李御寧(イー・オリョン)「縮み」志向の日本人

... 2007年06月06日

Designed by 穂積晴明

 

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。