ISIS 20周年師範代リレー[第19期浅羽登志也 鳴り止まないセッション]

2021/06/12(土)09:51
img

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

◇◇◇

 

千夜千冊エディション20冊突破記念フェアが全国で巻き起こっているが、その原型を辿っていけば、2008年六本木青山ブックセンターで開催した「三冊屋」が見えてくる。「三冊屋」はのち全国50店以上に波及していった。

 

今や感門之盟での教室名発表で欠かせないドラムロールを担っている師範 浅羽登志也は「三冊屋」と時同じくして師範代デビュー。当時、日本のインターネットを牽引した企業IIJで取締役を務めていた師範代は「ITドラム教室」を名乗り、学衆とのセッションに蕩尽した。その後、師範を歴任。7年を経て「原点に立ち返りたい」と2015年には師範代再登板を果たす。

ITの世界から転身をし、現在は軽井沢で農業に携わる浅羽師範。かつての感門之盟で「編集的プラットフォームを作りたい」とプレゼンし、編集学校出身者が新聞に書評を書くという形で、社会とでいりするコンヴィヴィアルな編集チームのプロデュースを実現、執筆指南をし続けている。

 

人との縁を大切に思う浅羽師範は、優しくて言葉が強く、花伝師範となればモードを着替え、信頼のおける厳しさで指導にあたる。自身の教室・道場からたくさんの師範代を輩出し、「三冊屋」がそうであったように浅羽ミームは今なお編集学校に波及している。

 

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

この期は私も含め「17歳のための」を読んで編集学校の門を叩いた学衆が初めて師範代になった期。22教室で学衆200人超。師範代を志す人も多く、遊や業も始まり、編集学校がもっと世に出ようとし始めた時期。この年リーマンショックが起こったのも象徴的か。

 

>これからメッセージ>

フラジャイルでしなやかな編集力が、これから社会の地を動かす大きな力になりそうですね。

 

ITドラム教室 浅羽 登志也

 


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

〇アナロジーとは関係の発見学

1235夜:バーバラ・スタフォード『ヴィジュアル・アナロジー』

…2008年04月17日

◎理科のセンセーは「変なおじさん」だった。

1238夜:オリヴァー・サックス『タングステンおじさん』

…2008年05月02日

⦿美は「小ささ」から生じるもの

1250夜:エドマンド・バーク『崇高と美の観念の起原』

…2008年07月01日

Designed by 穂積晴明

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 初雪のゴートクジ 2022年初詣 10shot

    初雪にして都心では積雪10cmを超えた2022年1月6日。都内での降雪は2年ぶりだという。ゴートクジISIS館の年始会は「天から送られた手紙」とともにはじまった。  カメラを抱えながら伴走した年始会。2022年の10s […]

  • エディスト・クロニクル2021 #03 ウチとソトを飛び越えて

    緊急事態宣言が全国的に解除され、師範代が1年半ぶりに本楼伝習座に帰ってきた。師範からの叱咤激励も、同期同士との励まし合いも、リアルで味わうのが初めての師範代にとってはリアル伝習座は大事件となった。  師範代がホームに戻 […]

  • 書くとは全部を出す覚悟 多読SP「大澤真幸を読む」読了式 10shot

    申込開始後、即満席となった多読ジムスペシャルコース「大澤真幸を読む」。『〈世界史〉の哲学』(講談社)を通して”大澤真幸”と交際し、稽古をやり遂げた読衆たちが本楼に集い、12月19日読了式が開催さ […]

  • エディスト・クロニクル2021 #02 真夏の知祭り

    「千夜千冊エディション20冊突破記念フェア」がはじまった。全国津々浦々、編集学校の有志が奔走し本の祭典を繰り広げる。有志たちは店舗でのフェア実施のみならず自ら記者ともなり、フォトレポート執筆までを担う。遊刊エディスト誌 […]

  • エディスト・クロニクル2021 #01 ジョーレキ誕生!

    本日より2021年のエディスト・クロニクルを3回にわけて公開します。前半は「エディスト・クロニクル」、後半は「エディストたちに聞く2021ハイライト」です。ゆく年くる年を思いながらどうか良いお年をお迎えください。 &n […]