ISIS 20周年師範代リレー[第23期白木賢太郎 10周年に誕生したレジェンド教室]

2021/07/24(土)09:04
img

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

◇◇◇

平城遷都1300年目の2010年、「日本と東アジアの未来を考える委員会」幹事長松岡正剛のもと、編集学校の師範代たちも編集に参加した記念出版本『NARASIA 東アジア共同体?いまナラ本』(丸善)が刊行される。(参照:1395夜『イスラム経済論』)

時同じくして、ISIS編集学校は10歳の誕生日を迎えた。10周年を祝う感門之盟では「edit cross 乱世の編集」とテーマを掲げ、盛大な式典となった。前年に開店した松丸本舗はメディアでも注目を浴び、松岡校長出演のTBS「情熱大陸」が放送されたのもこの時である。

 

祝宴の季節の中で、後々も語り継がれることとなるレジェンド教室が誕生した。筑波大学タンパク質研究者であり、ラーメン好きで知られる白木賢太郎師範代率いる「ラーメン代謝教室」だ。

 

軽やかな語り口から差し出される明哲な指南でイキイキとした編集稽古の場を創出。学衆を惹きつけてやまないカリスマ師範代の裏側を覗けば、先達指南を徹底的にカラダに入れ込み貪欲に学ぶという知への礼節がある。先達指南研究のために出力した用紙が山ほど書斎に積んであると両手を広げて語っていた。

 

編集学校で学んだ学習モデルや編集工学は、大学教育に持ち込み学生指導にも応用していると本人は言う。一方、白木師範代が築いた師範代という方法は、今もなお新人師範代の憧れであり、道標として南を指し続けている。

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

当時は何より松丸本舗がありました。ブックショップエディタがいて、初対面の人と目次読書をし、エプロンつけた松岡校長が棚に落書きをしておりました。背表紙の並びがそのまま共読空間でした。世界を読み解く読書の面白さにすっかり目覚めた時期でした。

 

>これからメッセージ>

こんな時期でも学生とオンラインで毎日共読しています。この方法と価値を、これからも伝え続けてください。

 

ラーメン代謝教室 白木賢太郎

 


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

〇資本主義問題で23守は開講日を迎えた

1358夜:マンフレッド・スティーガー『グローバリゼーション』

…2010年04月19日

◎何が文明をおかしくさせたのか

1361夜:ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』

…2010年05月06日

⦿『モモ』とは貨幣経済社会問題のお話

1377夜:ミヒャエル・エンデ『モモ』

…2010年08月13日

Designed by 穂積晴明

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • EDIST ザ・ベストテン!第1位はどの記事か?

    「評判よりも評価を」編集工学において大事にしているのは いいね! の数よりもevaluationであるが、遊刊エディストがニュースサイトである以上、どのような記事が多くの読者に読まれているのかは気になるところである。千 […]

  • ISIS 20周年師範代リレー[第21期大泉智敬 全身投企する師範代夫婦]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。 ◇◇◇ 世界同時不況に新型インフルエンザパ […]

  • ISIS 20周年師範代リレー[第19期浅羽登志也 鳴り止まないセッション]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。 ◇◇◇   千夜千冊エディション […]

  • 取扱注意!松岡正剛×Yohji Yamamoto フォトセッション 10shot

    本楼に到着するとThe Whoが大音量で流れていた。薄暗い本の楼閣には見慣れた顔ぶれが、見慣れぬ装いで、彼方に睨みを効かせている。強烈なフラッシュとシャッター音。その気にさせたのはYohjiかSeigowか、4人の表情 […]

  • 編集を人生する「一生の離」 14[離]退院式 10shot

    [離]を修了することを退院という。退院した[離]学衆を千離衆という。「一生の離」とは「一生に一度の離」ではなく「一生更新し続けていく離」のことをいう。 14[離]退院式は松岡正剛火元校長の退院とも重なり、全国から千離衆も […]