ISIS 20周年師範代リレー[第27期 鵜養保 飄々と方法をぶつけ合う神出鬼没の実験者]

2021/08/13(金)09:00
img
第27期 鵜養保

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

◇◇◇

2012年春、東京スカイツリーが開業。東京に新たなランドマークが誕生した季節に、「クルマ好きのおじさん」が編集学校に教室を掘っ立てた。27[守]すばるバンパー教室の鵜養保師範代は、少年の目の輝きをもった、方法的チャレンジ精神旺盛な編集コーチだった。

 

飄々とした語り口で、学衆の回答を楽しむ姿勢が一貫していた。半ば独りごとのような調子の中に、鋭い方法的考察と洞察がちらりと見える。発言の冒頭では娘の近況報告などで読み手を和ませつつも、指南で学衆の思考プロセスをひもとく手際は本格派だ。得番録のタイトルは「輝きの衝突実験録」とくる。多様な方法をぶつけ合い、そこに散る火花に目を爛々とさせているのだ。

 

クルマ好きのおじさんの本業は、 海外赴任もこなす金融マンだ。だが、イシスでの鵜養を知る編集学校関係者の多くは、鷹揚・茫洋のこの男が、どんな調子で本業をこなしているのか想像できないと感じている。感門之盟の晴れ舞台では青のつなぎ姿だった。

 

ロンドン五輪閉幕と同時の、閉講時の「わしもいつかは、また、学衆をやってみたい」という呟きは、2年後の33[守]で実現させた。懐の深いマネジメント力を買われ、[守]師範としても活躍。現在はハイパー・エディティング・プラットフォームAIDA師範代として、実業の最前線に立つビジネスマンたちの学びをリードしているが、ゆったりとした場作りの腕は健在だ。フランスでMBAも取得したがそれも世界の一部に過ぎないことがイシスで見えた。だからここは「もっとラテンな人生が手に入る場所」なのだという。少し謎めいている鵜養は、イシスの庭で往還の冒険をつづけている。

 

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

SNSやスマホが普及して人々が新たな繋がりに目覚めた2012年に開講した27守。
ありきたりの「いいね」では物足りない100人を超える学衆の皆さんがネットの教室で時には競い時には共感しながら、イシス編集学校ならではの無二の絆を築きました。

 

>これからメッセージ>

「様々な私」編集で広がる希望と可能性。わがイシス、此処に在り。

 

 

すばるバンパー教室 鵜養保

 


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

〇みんなが知らない「読む」の核心
1477夜 メアリアン・ウルフ『プルーストとイカ』

…2012年07月14日

 

〇母語を棄てたブッダがルーマニアにいた
1480夜 パトリス・ボロン『異端者シオラン』
…2012年08月15日

 

Designed by 穂積晴明

 

 


  • 川野貴志

    編集的先達:多和田葉子。語って名人。綴って達人。場に交わって別格の職人。軽妙かつ絶妙な編集術で、全講座、プロジェクトから引っ張りだこの「イシスの至宝」。野望は「国語で編集」から「編集で国語」への大転換。

  • 感門之盟司会 水面下で譲れぬ戦い?【77感門】

    (嶋本と中村の絆の深さを証拠立てる一枚。左から、中村、渡辺高志(二日目司会)、嶋本、白川、山根)   「わかりました、中村くんは譲りましょう」   婿入りの相談か、ドラフト会議か。 実はこのやりとりは […]

  • ISIS 20周年師範代リレー [第29期 田端弥生 編集の国に住み着いたアリス]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。   ◇◇◇ オバマ再選、習近平選 […]

  • 【このエディションフェアがすごい!31】田村書店 千里中央店(大阪府豊中市)

    田村書店千里中央店は、日本万国博覧会が国じゅうの耳目を集めていたころ産声を上げた、お客様に近い「愛され書店」です。   大阪千里は、いわゆるニュータウン開発の先駆けで、関東圏の都市開発にもさまざまな影響を与えま […]

  • 物語講座第13綴「冠綴賞」の行方【75感門】

    物語講座第13綴の「冠綴賞」は、ねじ式結晶世界文叢の竹岩直子が受賞した。今期、各賞は5人の叢衆で分け合うかたちとなり、「接戦」を制しての受賞である。残念ながら感門之盟への当日参加はかなわなかったが、受賞を知らされた瞬間の […]

  • 若手司会者の「場外」への思い遣り

    当サイトの名物記者にこの記事で「表情が硬い」と言われた感門之盟の司会者、上杉公志は遊刊エディストのコアなスタッフの一人だ。よって、当該の記事も上杉はすぐさま確認していた。   彼の表情への心配は杞憂であった。た […]