ISIS 20周年師範代リレー [第31期 敷田信之 義に厚く、知に熱い。野武士のようなメディアマン]

2021/09/16(木)09:00
img

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

 

◇◇◇

ジェフ・ベゾスがワシントン・ポストを買収した2013年、イシスはメディアに躍りでた。3月21日、校長松岡正剛がフジテレビ「オデッサの階段」の最終回を飾る。テレビカメラがEditCafeをのぞきこみ、編集稽古の様子が大々的に明らかになった。ときを同じくして、SNS伝奏連が発足し、エディットツアーも開始。

 

イシスが世の中にむけてマイクを持ったころ、ひときわ大音声で名乗りをあげる男がいた。

31[守]ソーシャロイド教室 敷田信之師範代である。開講一週間まえ、暴走車にはねられるも無傷の不死身。教室名ポスターを作らせれば、ビリケンがロケット発射する絵面で度肝を抜き、伝習座では「マイクはいりません」と本楼に地声を響かせる。お礼状は筆書きで、晴れ着はアラブの民族衣装。[離]の退院式で白のガンドゥーラをまとった「アラビアのロレンス」は伝説となった。

 

敷田はアツい。8[離]響承院退院後の登板、[守][破]の教室でも「離のことしか話さない」と学林局が気を揉むほど、知の熱で学衆を焦がした。アフ感で「次は花伝所か」と漏らそうものなら、周りに何人も集め「イシスに来たら、次は離だ」と野太い声で煽る。31[守]教室からは深谷もと佳と尾島可奈子、34[破]教室からは吉本明子と中村秀子を離へ送り込んだ。

 

「ギラギラ☆バザール」とのチーム名が象徴するその烈々とした影響力は、業界でも有名。敷田は関西テレビで、経営戦略から後進の育成にまで携わるメディアマン。関テレの敷田といえば、その名の轟く名物男だ。校長松岡のもとにプロジェクトの相談に来たかと思えば、20周年感門では近畿大学に撮影クルーを手配。黒づくめのスタッフ7名と本気の大型機材は、居合わせた学生たちがスマホをかざすほどのインパクト。イシス史上初となる近大ビブリオシアターからの生中継は敷田なしには成立し得なかった。声は大きく、顔も濃い。情に厚く、知にも熱いイシスきっての豪傑である。

 

敷田は自身の教室名についてこう語る。「ソーシャルメディアという一見新しい媒体は、実は日本的な方法の「もどき」(ギリシア語‐oid)でしかないともいえます」

敷田の登板に先んじること数ヶ月、千夜千冊は1500夜を達成した。松岡は上野の東京国立博物館「円空展」で50センチ足らずの人麻呂像に対面。円空のような深さと荒さと凄さをもって、人麻呂のイメージを彫り抜いた。ハイパーコーポレートユニバーシティ[AIDA](現Hyper-Editing Platform [AIDA])でも松岡直々に薫陶を受けた敷田は、日本という方法を掲げ、今日もメディア世界に斬りかかる。

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

蜂球のような期だった。ゴートクジISIS   で迎えた初めての夏、記録的な猛暑の中で開講した31守の教室数は8つ。学衆の数も83名と僅か乍ら、気温を凌ぐ個々の熱量は激しい羽音とともに教室を越え、期全体に伝播。本楼扁額「少数なれど熟したり」を体現した。

 

>これからメッセージ>

巨大な力に向かう集合知ともいえる蜂球。社会にはイシスという蜂球の熱量が必要です。

 

ソーシャロイド教室 敷田信之

 


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

〇男は純情、女は度胸、フランス製のスペイン浄瑠璃

1323夜 プロスペル・メリメ『カルメン』

…2009年10月12日

◎民主党政権の誕生を新聞はどう報じたか

1317夜 アーヴィング・ゴッフマン『スティグマの社会学』 

…2009年09月02日

Designed by 穂積晴明

 

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • ただいま募集中

    イシス編集学校/編集工学研究所 主催の「ただいま募集中」をお知らせ。誰でもどなたでも参加できるワークショップ、ウェブでのお試しから、入門者向けのその先をチラ見せするイベントまで。気になったらまずはアクセス!   […]

  • イシスDO-SAY 2022年1月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。2022年も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。 では2022年初、1月の「イシスDO-SAY」をどうぞ。 &nbs […]

  • 編集部selection:今月の推しキジ、発表! [2022年1月]

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーひとりひとりが厳選した、見逃せない ”今月の推しキジ” を発表です! みなさんにとってのイチオシ1本はどの記事でしたか?   では、遊刊エデ […]

  • 【このエディションフェアがすごい!45】ジュンク堂書店 台湾明曜店

    千夜千冊エディションフェアの大トリは台湾のジュンク堂書店 台湾明曜店です。1月末まで開催中。なんと巨大オーロラビジョンで千夜千冊エディションフェアCMまで放映中です。仕掛け人である35[花]放伝生・小沢奈津代さんからの […]

  • 編集工学研究所の年賀状2022

    2022新春放談 其の伍 – 同時多発・連続・連動で火をつけろ!!!「エディスト、装い新たに大ブレイクだ!」

    2022新春放談企画「エディスト、装いも新たに大ブレイクだ!」 其の伍 – 同時多発・連続・連動で火をつけろ!!!   遊刊エディストは創刊以来3度目の新年を迎えました。2022年も「新春エディスト編集部放談」 […]