ISIS 20周年師範代リレー [第31期 敷田信之 義に厚く、知に熱い。野武士のようなメディアマン]

2021/09/16(木)09:00
img

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

 

◇◇◇

ジェフ・ベゾスがワシントン・ポストを買収した2013年、イシスはメディアに躍りでた。3月21日、校長松岡正剛がフジテレビ「オデッサの階段」の最終回を飾る。テレビカメラがEditCafeをのぞきこみ、編集稽古の様子が大々的に明らかになった。ときを同じくして、SNS伝奏連が発足し、エディットツアーも開始。

 

イシスが世の中にむけてマイクを持ったころ、ひときわ大音声で名乗りをあげる男がいた。

31[守]ソーシャロイド教室 敷田信之師範代である。開講一週間まえ、暴走車にはねられるも無傷の不死身。教室名ポスターを作らせれば、ビリケンがロケット発射する絵面で度肝を抜き、伝習座では「マイクはいりません」と本楼に地声を響かせる。お礼状は筆書きで、晴れ着はアラブの民族衣装。[離]の退院式で白のガンドゥーラをまとった「アラビアのロレンス」は伝説となった。

 

敷田はアツい。8[離]響承院退院後の登板、[守][破]の教室でも「離のことしか話さない」と学林局が気を揉むほど、知の熱で学衆を焦がした。アフ感で「次は花伝所か」と漏らそうものなら、周りに何人も集め「イシスに来たら、次は離だ」と野太い声で煽る。31[守]教室からは深谷もと佳と尾島可奈子、34[破]教室からは吉本明子と中村秀子を離へ送り込んだ。

 

「ギラギラ☆バザール」とのチーム名が象徴するその烈々とした影響力は、業界でも有名。敷田は関西テレビで、経営戦略から後進の育成にまで携わるメディアマン。関テレの敷田といえば、その名の轟く名物男だ。校長松岡のもとにプロジェクトの相談に来たかと思えば、20周年感門では近畿大学に撮影クルーを手配。黒づくめのスタッフ7名と本気の大型機材は、居合わせた学生たちがスマホをかざすほどのインパクト。イシス史上初となる近大ビブリオシアターからの生中継は敷田なしには成立し得なかった。声は大きく、顔も濃い。情に厚く、知にも熱いイシスきっての豪傑である。

 

敷田は自身の教室名についてこう語る。「ソーシャルメディアという一見新しい媒体は、実は日本的な方法の「もどき」(ギリシア語‐oid)でしかないともいえます」

敷田の登板に先んじること数ヶ月、千夜千冊は1500夜を達成した。松岡は上野の東京国立博物館「円空展」で50センチ足らずの人麻呂像に対面。円空のような深さと荒さと凄さをもって、人麻呂のイメージを彫り抜いた。ハイパーコーポレートユニバーシティ[AIDA](現Hyper-Editing Platform [AIDA])でも松岡直々に薫陶を受けた敷田は、日本という方法を掲げ、今日もメディア世界に斬りかかる。

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

蜂球のような期だった。ゴートクジISIS   で迎えた初めての夏、記録的な猛暑の中で開講した31守の教室数は8つ。学衆の数も83名と僅か乍ら、気温を凌ぐ個々の熱量は激しい羽音とともに教室を越え、期全体に伝播。本楼扁額「少数なれど熟したり」を体現した。

 

>これからメッセージ>

巨大な力に向かう集合知ともいえる蜂球。社会にはイシスという蜂球の熱量が必要です。

 

ソーシャロイド教室 敷田信之

 


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

〇男は純情、女は度胸、フランス製のスペイン浄瑠璃

1323夜 プロスペル・メリメ『カルメン』

…2009年10月12日

◎民主党政権の誕生を新聞はどう報じたか

1317夜 アーヴィング・ゴッフマン『スティグマの社会学』 

…2009年09月02日

Designed by 穂積晴明

 

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • daidai

    イシスDO-SAY 2023年2月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。2023年が始まりました。イシス編集学校は年始1月から編集行事が盛りだくさんでしたね。   […]

  • 【エアサックス加藤の三度目の突破10】窓からミュージアムが見える?

      スニーカーならエアマックス。NBAはエアジョーダン。ダイノジはエアギター。そしてイシスにはエアサックスと呼ばれる男がいる。 感門之盟で音楽を学ぶ卒門学衆としてフィーチャーされたものの、サックスの演奏が未熟だ […]

  • 【エアサックス加藤の三度目の突破09】ダース・カトウの再生はなったのか?

      スニーカーならエアマックス。NBAはエアジョーダン。ダイノジはエアギター。そしてイシスにはエアサックスと呼ばれる男がいる。 感門之盟で音楽を学ぶ卒門学衆としてフィーチャーされたものの、サックスの演奏が未熟だ […]

  • 【限定公開】6万冊の本の空間を堪能できるのは年始の今だけ!「本楼ツアー」1/28開催

    イシス編集学校には、「本楼(ホンロウ)」という秘密の空間がある。ここには、本棚になっていない壁はない。つまり、天井以外の全てが本に埋め尽くされた空間なのだ。柱の四面までもが書架になっている。本に翻弄されたいという、イシス […]

  • 1月の季語、ざぼん

    イシスDO-SAY 2023年1月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。2023年も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   では2023年初、1月 […]