ISIS 20周年師範代リレー [第41期 山田細香 苦行を足場に、見晴台へ]

2021/11/14(日)09:00
img

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

 

◇◇◇

山田細香は泣いていた。激務に悶えて泣いていた。自分を超えて泣いていた。山田が41[守]B面方眼教室師範代として登板した2018年夏、大阪は揺れた。6月には最大震度6弱の大阪北部地震、7月には西日本豪雨。ヒビの入った民家に、容赦のない長雨。相次ぐ災害に交通網も「JR西日本全線運転見合わせ」など嘘のように麻痺。人々は疲弊していた。

一級建築士の山田は、建築の構造設計が仕事だ。耐震偽造問題以降、煩雑化した業務におされ、毎日帰って寝るだけの生活。師範代には憧れたが、どうしてもその余裕はない。けれど、山田は諦めない。「やりたいから、やる」 腹を括って師範代を引き受ければ、37[守]凱旋シラブル教室で薫陶を受けた師範代大音美弥子を思わせる、編集的世界観へ向かう重厚な指南を積み上げつづけた。感門之盟を終え、山田は涙ぐんでいた。「仕事がつらかった。だから師範代をやっていてよかった」 学衆さんが私を師範代にしてくれた、私を変えてくれるのは他者なのだ。そう、山田はしんから実感したのだ。師範代としての編集稽古は「日々の救い」だったと形容する。

 

高校生のとき、寺山修司作・蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』を見て舞台芸術に憧れた。丹下健三の作品集に興奮し、建築学科を志す。卒業制作では「仮設の演劇舞台」をテーマに定め、寺山修司の舞台をリバースエンジニアリングした。山田の「仮設」という問題意識は、建築工学としては異端。毛色の変わった人と見られていた。しかし、編集工学となれば話は変わる。仕事の手法と、アブダクションを基礎とする編集工学が共振していった。

[守][破]の師範代を終えると、迷うことなく13[離]へ。史上初、蜷川別当賞・倉田方師賞の特別賞の二冠を獲得。『情報の歴史21』編纂プロジェクトに参画し、20周年感門では川野貴志とともに近畿大学ビブリオシアターで司会を担当。34[花]では錬成師範にも引き抜かれる華々しい活躍ぶりだ。だがその裏にはつねに苦悩があった。

35[花]入伝式で「略図的原型」に関するレクチャーを任されれば、松岡校長の手書きシェーマを3度トレース。徹底的な準備のもとクリアで堅牢な講義をするも、「何度なぞっても、どうしてもわからない」と悔し涙をにじませた。まわりが止めるほど準備をしても、甘んじない。錬成前には、雨の建築現場で足場から滑り肋骨を折る。その痛みさえも加速力に変え、キレのある頼もしい指導をみせた。忙しいときほど仕事は5倍に、危機こそチャンスオペレーション、自己を変えるのは他者と知る。松岡校長の教えを身に纏うようにヨージ・ヤマモトの黒衣だけを着て、山田細香は自己のスクラップ&ビルドに邁進する。

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

大阪北部地震、西日本豪雨、自然の驚異に怯えライフラインが滞る中でも、指南と回答は動き続けた。水増し改ざん、業界偽装事件の渦に呑まれ溺れそうになっても、学衆が新しい旅の地図を引き寄せてくれた。A面の戦いはB面の冒険で乗り切れると知った。

 

>これからメッセージ>

編集は新たな概念を発生させ《別様の可能性》を広げる。今こそ偶発性を歓迎し、多様性に向かいたい。

 

B面方眼教室  山田 細香

 


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

◯「かたり」の奥には「しるし」がある
1677夜 坂部恵『かたり 物語の文法』
…2018年6月12日

◎日米ミメロギアに見る、アナロジカル思考のススメ
1673夜 松山幸雄『ビフテキと茶碗蒸し』
…2018年5月02日

⦿不安と挫折と破綻こそが「人に成る」ための契機
1680夜 吉福伸逸『世界の中にありながら世界に属さない』
…2018年7月20日

Designed by 穂積晴明

 


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。47[破]番記者、36[花]錬成師範。