ISIS 20周年師範代リレー [第42期網口渓太 令和のイシス的バーチャルアイドル]

2021/11/21(日)09:35
img

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

 

◇◇◇

「平成最後の○○」という言葉が連呼されたこの頃。第42期は平成最後の[守]であり、網口渓太は平成最後の[守]師範代の一人であった。

 

世界読書奥義伝[離]を退院したばかりの若き青年師範代は「初音ミク太郎教室」というラブレターをじーっと見つめていた。これは初音ミクと太郎なのか。初音とミク太郎なのか、それとも初音とミクと太郎なのか。時には引き寄せてみたり、時には突き放してみたり。謎めいたバーチャルアイドルとの二人三脚から師範代生活が幕を開けた。

 

強烈な教室名は強烈な師範代キャラを生み出すことがある。ともすると「初音ミク太郎」はその最たるものであると思うが、師範代網口渓太は「初音ミク太郎」という仮説的空席を教室に仮置きしたまま静かに、愚直に歩を進めていく。隣に寄り添ってくれているような抑制の効いた指南は心地よい。時々ぽろっと出る関西弁の塩梅は絶妙。網口の指南は、劇薬というより漢方薬のようにゆっくりじわじわと効いてくる。「師範代の指南を読むのが楽しみ!」と着実に学衆の支持を集めていった。

 

リアルでは緊張しすぎたせいか初めて学衆と顔を合わせた汁講では途中で師範代が救急車に運ばれるという事件が起きた。網口渓太という仮説的空席が残されたままで行われた汁講は「師範代救急車搬送」という爪痕を残し語り継がれる一幕となる。

 

「初音ミク太郎」はその後[破]では「初音イズタロー」に出世魚。それに留まらず、冊匠大音美弥子率いる「なにわのピラニア軍団」ともなり、校長松岡正剛からは「イシスiGen」として注目を浴びている。[花]の錬成師範も勤め上げ、今は立正佼成会[縁]コースで再びの師範代として教室に立っている。

 

ラブレターを大切に握りしめながら、網口は令和のイシス的バーチャルアイドルとして歩み続けている。

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

ソージ君とルイジ君、立川志の輔の落語「バールのようなもの」、そしてフェチが、私たちの指南の共通分母だった。編集フェチな仲間たちは数寄なバールに持ち替えて、破の師範代、離、エディット・ツアー、遊刊エディストと、新たな関係性の発見に奮闘している。

 

>これからメッセージ>

頭を抱えたネーミング、顔を晴らす比喩、粋な挨拶。イシスな言葉も交わされる社会へ。

 

初音ミク太郎教室 網口渓太

 


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

◯「人間は絶対的なアイデンティテイを持たない」

1688夜 石黒浩『アンドロイドサイエンス』

…2018年11月09日

◎精と色気のある男の話

1690夜 原田芳雄『B級パラダイス/風来去』

…2018年12月06日

⦿好きで好きでたまらない場所はありますか?

1694夜 イーフー・トゥアン(段義孚)『トポフィリア』

…2019年1月11日

Designed by 穂積晴明

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • ついに公開!セイゴオ本が動画になる「册影帖」制作裏舞台 10shot

    「人間は悲しい。率直にいえば、それだけでつきる。」と長谷川時雨はいう。だとしたら、悲しさの断片から何かを発現させたっていいじゃないかという気持ちにもなろう。そんな気持ちに寄り添うかのように今期47[破]よりセイゴオ知文 […]

  • 師範代が帰ってきた!47[破]伝習座 10shot

    ついに師範代が本楼に帰ってきた。およそ二年ぶりのことである。昨年春以降、伝習座はオンライン開催が常となり、師範代はいつも画面の向こう側にいた。(いや、厳密にいうとジャイアン角山祥道師範代だけは一度だけやってきた)リアル […]

  • 美容師モトカ、松岡正剛をカットする。本楼美容室 遅ればせの10shot

    なんだか騒がしい一週間だ。深谷もと佳が小倉加奈子に応じれば、松岡正剛が深谷もと佳に応える。田中晶子が速報を届ければ林朝恵が騒ぎ、梅澤奈央がニュースにする。遊刊エディストと千夜千冊をめぐる事件にざわざわが止まらない。吉村 […]

  • 私と世界がつながる方法 36[花]入伝式 10shot

    森村泰昌はM式として青木繁となった。そこには「まねび」という姿勢が貫かれている。花伝所においても同じである。「まねび」とは昔から日本にあった学習方法でもあり、花伝所が掲げる大旗でもある。 先週末、36[花]入伝式が行われ […]

  • ISISをダンゼン・ダントツにするiGenセブン

    『情報の歴史21』で追加された1996年。当時の若者の未知は海外にあり、『深夜特急』とパスポートを手にバックパックで個人旅行に出ることが自分の世界を広げる方法だった。現在パスポートはスマホに代わり […]