ISIS 20周年師範代リレー [第42期網口渓太 令和のイシス的バーチャルアイドル]

2021/11/21(日)09:35
img

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

 

◇◇◇

「平成最後の○○」という言葉が連呼されたこの頃。第42期は平成最後の[守]であり、網口渓太は平成最後の[守]師範代の一人であった。

 

世界読書奥義伝[離]を退院したばかりの若き青年師範代は「初音ミク太郎教室」というラブレターをじーっと見つめていた。これは初音ミクと太郎なのか。初音とミク太郎なのか、それとも初音とミクと太郎なのか。時には引き寄せてみたり、時には突き放してみたり。謎めいたバーチャルアイドルとの二人三脚から師範代生活が幕を開けた。

 

強烈な教室名は強烈な師範代キャラを生み出すことがある。ともすると「初音ミク太郎」はその最たるものであると思うが、師範代網口渓太は「初音ミク太郎」という仮説的空席を教室に仮置きしたまま静かに、愚直に歩を進めていく。隣に寄り添ってくれているような抑制の効いた指南は心地よい。時々ぽろっと出る関西弁の塩梅は絶妙。網口の指南は、劇薬というより漢方薬のようにゆっくりじわじわと効いてくる。「師範代の指南を読むのが楽しみ!」と着実に学衆の支持を集めていった。

 

リアルでは緊張しすぎたせいか初めて学衆と顔を合わせた汁講では途中で師範代が救急車に運ばれるという事件が起きた。網口渓太という仮説的空席が残されたままで行われた汁講は「師範代救急車搬送」という爪痕を残し語り継がれる一幕となる。

 

「初音ミク太郎」はその後[破]では「初音イズタロー」に出世魚。それに留まらず、冊匠大音美弥子率いる「なにわのピラニア軍団」ともなり、校長松岡正剛からは「イシスiGen」として注目を浴びている。[花]の錬成師範も勤め上げ、今は立正佼成会[縁]コースで再びの師範代として教室に立っている。

 

ラブレターを大切に握りしめながら、網口は令和のイシス的バーチャルアイドルとして歩み続けている。

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

ソージ君とルイジ君、立川志の輔の落語「バールのようなもの」、そしてフェチが、私たちの指南の共通分母だった。編集フェチな仲間たちは数寄なバールに持ち替えて、破の師範代、離、エディット・ツアー、遊刊エディストと、新たな関係性の発見に奮闘している。

 

>これからメッセージ>

頭を抱えたネーミング、顔を晴らす比喩、粋な挨拶。イシスな言葉も交わされる社会へ。

 

初音ミク太郎教室 網口渓太

 


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

◯「人間は絶対的なアイデンティテイを持たない」

1688夜 石黒浩『アンドロイドサイエンス』

…2018年11月09日

◎精と色気のある男の話

1690夜 原田芳雄『B級パラダイス/風来去』

…2018年12月06日

⦿好きで好きでたまらない場所はありますか?

1694夜 イーフー・トゥアン(段義孚)『トポフィリア』

…2019年1月11日

Designed by 穂積晴明

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 【Archive】10shot 写真記述館

    ISIS編集学校と松岡正剛の活動をフォトレポートでお届けする10shotシリーズ。あの日あの時の記憶をアルバムにして綴っていきます。 (画像をクリックすると記事にアクセスできます。レイアウトの都合上、PCからの閲覧を推奨 […]

  • フェチを映像実験する「册影帖 雑品屋セイゴオ」10shot

    桃色のパパゼリー、果物の匂いがついた香り玉、リカちゃん人形の靴、12色のサクラクーピーペンシル、長い髪の子がいつもしていた編み込み。私の幼少期はそういうものが世界の全てだったように思う。そうであれば幼な心をドライブにし […]

  • SCOOP!! マンガのスコア、江口寿史先生からコメント届く!!!

    「江口寿史先生からリツイートされてます!」  今日は朝から事件だらけだ。48[守]では速修コース・臨間オチョコ教室がすでにワン・ツー・フィニッシュの卒門を決めたらしい。速修コースのスピード卒門に負けず、エディストでは異 […]

  • 初雪のゴートクジ 2022年初詣 10shot

    初雪にして都心では積雪10cmを超えた2022年1月6日。都内での降雪は2年ぶりだという。ゴートクジISIS館の年始会は「天から送られた手紙」とともにはじまった。  カメラを抱えながら伴走した年始会。2022年の10s […]

  • エディスト・クロニクル2021 #03 ウチとソトを飛び越えて

    緊急事態宣言が全国的に解除され、師範代が1年半ぶりに本楼伝習座に帰ってきた。師範からの叱咤激励も、同期同士との励まし合いも、リアルで味わうのが初めての師範代にとってはリアル伝習座は大事件となった。  師範代がホームに戻 […]