今のわたしがいちばん若い 45[守]新師範代・野住智恵子の心意気

04/19(日)11:49
img

 野住智恵子(45[守]師範代)の半生は舞台芸術とともにあった。
 関西芸術座では新劇女優として活動し、後に舞台撮影へと軸足を移す。商業誌に宝塚やミュージカル関係の記事の寄稿もした。今でも朗読はプロの腕前だ。

 

 阪神淡路大震災三週間後に、宝塚歌劇に肖る会を設立した。アーティストの活動の場つくりにまい進した。会社の代表として、宝塚OGによるミュージカルや能のワークショップの企画や出版事業を手がけもした。

 

 そんな抜群の行動力を誇る野住がつぶやく。

 「コロナで身辺が急変した今となっては、師範代を全うすることが、わたしの道なんだな」。

 

 十代のころから『遊』に憧れていた。数十年の歳月を経て、介護に明け暮れていたころ、ネットサーフィンでイシス編集学校に出会った。花伝所放伝後、松岡校長から「すみれの花咲く教室」という教室名を授かる。介護からはすでに手は離れている。コロナ騒動でイベント関係の仕事も中断している。

 

 45[守]の担当師範である石井梨香は、野住についてこのように評価をしている。「心を浮き立たせる言葉が魅力的。学衆の演技を心から楽しみ、笑いと憧れで花開かせるような教室になるのでは」。

 

 「今のわたしがいちばん若い」と言い切る野住は還暦を超えている。

 その意気は高く、鼻息には勢いがある。

 

 イシス編集学校45[守]と、「すみれの花咲く教室」は、四月二十日に開講の時をむかえる。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。

  • ピカソ・三島・文太 角刈りのシーザーがもどく

    老女の理容師がそれしかできないことに気づいた時、すでに遅かった。 青森県で角刈りの井ノ上シーザーの登場となった。2020年6月のことだった。 おりしも、小倉加奈子が似顔絵を描いてくれていた時と重なる。   林頭 […]

  • 危機に乾坤二擲 “DUST宣言”と“DUSTライター募集”

    遊刊エディスト黎明期、井ノ上シーザーはDUST記事を書き飛ばした一方で、記事のネタが尽きることを憂慮していた。 他方、編集部には「記事の内容は内輪受けではないか」という意見が寄せられていた。 この状況を踏まえ、シーザーは […]

  • 井ノ上シーザー、45[守]に“遊刊エディストの歩き方”を語る

    「遊刊エディストの歩き方を守学衆に語ってください」。 番匠・景山和浩のリクエストを受けて、井ノ上シーザーが2020年5月26日、45[守]別院に登場した。タイトルは「遊刊エディストの歩き方」。「イシスと遊刊エディスト」「 […]

  • 東北の切実と逸脱の愉快と 第30回未知奥声文会

    第30回未知奥声文会は「ポール・ヴィリリオの事故と哲学」で始まり、「バンクシーのアート」で終わった。 ヴィリリオが述べる事故をめぐり、原発事故とコロナ・エピデミックの相違と類似について討議を重ねた。バンクシーのアートにつ […]

  • 未知奥声文会、仏教とアジアを語る

    2019年10月13日、未知奥声文会は仏教とアジアを中心に交わし合いをした。 ネット会議の終わり際に、林、井ノ上、花岡は、離想郷ラウンジにレポートを挙げることとした。 今回は、そこで垣間見られた、各メンバーの「場所と記憶 […]