45[守]師範代 佐土原太志が起こした集団絶句

04/19(日)18:49
img

 2020年4月18日21時、ZOOMで45[守]宮川大輔師範チームのミーティングが開催された。

 

 宮川大輔(45[守]師範)と、三國紹恵(45[守]「反転アーク教室」師範代)、佐土原太志(45[守]「優作うつる教室」師範代)に加え、学林局長の佐々木千佳、花伝所長の田中晶子、[守]学匠の鈴木康代も参加。二日後の開講を見すえ、コンディションを万全にしようとするイシスの本気がうかがえる。

 

 宮川は、指南と教室運営について両師範代へレクチャーをする。それは指南技術から体調管理にまで、自身の経験を身ぶりを使って丁寧に伝えた。新進気鋭の宮川の師範ぶりである。

 

  (師範代に語りかける気鋭・宮川師範)

 

 だが、佐土原の言葉に場の空気は変わった。
 「朝と昼はご飯を食べません。食事は、夕食のみです」。

 絶句する宮川師範と三國師範代。師範代ロールは四ケ月に及ぶハードな体験であるというのに。

 

 同時に笑みを浮かべる佐々木局長と田中所長と鈴木[守]学匠。尋常ならざることが起こると、イシスの大御所たちの表情はアルカイックになる。
 鈴木学匠がつぶやく。「修行僧みたい…」。

 

  (ネット越しの佐土原師範代)

 

 風貌といい、鋭い目つきといい、伸びている背筋といい、佐土原は修行僧っぽい。そうなると、背景にある本は経典に見えてもくる。

 教室名は『太陽にほえろ』でチンピラに撃たれて殉職した松田優作にあやかっているのだが、延暦寺の僧といった見立ても似合う。

 

 この日、本業が多忙の佐土原は睡眠時間を確保していなかった。だが、頭は冴えに冴えていたという。


 佐土原は「たくさんのらしさ」をかかえながら、45[守]開講の時を待っている。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。

  • 東北の切実と逸脱の愉快と 第30回未知奥声文会

    第30回未知奥声文会は「ポール・ヴィリリオの事故と哲学」で始まり、「バンクシーのアート」で終わった。 ヴィリリオが述べる事故をめぐり、原発事故とコロナ・エピデミックの相違と類似について討議を重ねた。バンクシーのアートにつ […]

  • 未知奥声文会、仏教とアジアを語る

    2019年10月13日、未知奥声文会は仏教とアジアを中心に交わし合いをした。 ネット会議の終わり際に、林、井ノ上、花岡は、離想郷ラウンジにレポートを挙げることとした。 今回は、そこで垣間見られた、各メンバーの「場所と記憶 […]

  • 有事の中で45[守]開講 松岡校長メッセージを読む

    2020年4月20日午後。 新型コロナウィルス・パンデミックの渦中の時、松岡正剛校長のメッセージを合図に45[守]が開講した。パンデミック“にもかかわらず”なのか、“だからこそ”なのか、教室数を増設するほどの盛況ぶりだ。 […]

  • 45[守]の今 前代未聞の速修コースで起こっていること

    45[守]では、15週間でカリキュラムを完了する「速修プラン」を設ける。5月4日の開講日から13日まで、毎日の出題がされることになる。ゴールデンウィークを編集稽古漬けにするという、初めての試みだ。    当然 […]

  • 今のわたしがいちばん若い 45[守]新師範代・野住智恵子の心意気

    野住智恵子(45[守]師範代)の半生は舞台芸術とともにあった。  関西芸術座では新劇女優として活動し、後に舞台撮影へと軸足を移す。商業誌に宝塚やミュージカル関係の記事の寄稿もした。今でも朗読はプロの腕前だ。   […]