★#2-1

10/21(水)14:40
img


  • 角山祥道

    編集的先達:坂口安吾。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代をしながら同時にエディストという前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • ジャイアンの1週間――46[守]新師範代登板記 ♯6

       師範代としてのジャイアンには、常に「○○節」という評価がついて回る。キャラが立っているといえば聞こえがいいが、ようはモードの幅がないということではないか。  ムムム。いきなりフーテンの寅モードを持ち込むわ […]

  • ジャイアンは教室とともに――46[守]新師範代登板記 ♯5

    開講から4週間経とうとしている。 「師範代になって何が変わったか」とたびたび聞かれるのだが、期待される答えを返せたためしがない。聞く側は「世界の捉え方が変わった」的な答えを待っているのだろうが、ジャイアンに何を期待する […]

  • エディスト虎の穴・ジャイアン人物伝 #001 三浦友和の「たくさんのわたし」

    エディスト新人ライター・角山ジャイアンに示された「お題」は人物伝。海千山千のインタビュー経験を渉猟しながら、「イシスっぽい人」をイシスの外に見つけだす。果たしてジャイアンは、先達エディストライターを唸らせることができるの […]

  • ジャイアンの教室名 ――46[守]新師範代登板記 ♯4

    46[守]では、自己紹介が始まっている。  学衆にしてみれば、学ぶ仲間の顔も知らず、誰に指南されるのかもわからず不安だろう。どっこい師範代の手元にも「氏名」以外の情報はこれっぽっちも手渡されていない。年齢や性別、肩書き […]

  • ジャイアンとコップ――46[守]新師範代登板記 ♯3

    10月26日、ジャイアンの長い一日が始まった。  この日は46[守]の開講日だった。前日までに教室や勧学会の設えを整え、開講準備セットをアップした。  実はこの時点で、33花同期の猛者からは、「きんちょーーーーする」と […]