18-3

2021/03/18(木)23:07
img


  • 角山祥道(ジャイアン)

    編集的先達:藤井聡太。「松岡正剛と同じ土俵に立つ」と宣言。花伝所では常に先頭を走り続け、感門では代表挨拶。師範代登板と同時にエディストで連載を始めた前代未聞のプロライター。ISISをさらに複雑系にする異端児。

  • バリバリ行くぜ、編集の道――48[守]本楼合同汁講・今さら篇

    「帰りの電車でやってしまいました」  こんなマクラとともに学衆のうるちゃんから回答が届けられると、トミーこと國富敬二師範代は「帰りの電車で! 型破りの即実践ですね!」と応じた。    このやりとりが事件だったのは他でもな […]

  • ぐるぐるくるくるその奥へ――48[守]本楼合同汁講・オリーブ篇

    その瞬間、山本ユキは鳥肌が立った。    1月16日に、2年振りに開かれた豪徳寺・本楼での兄弟教室(今さら今こそ教室)との合同汁講。オリーブなじむ教室の山本ユキ師範代は、本楼に集った3人、パソコン画面に映る2 […]

  • 今こそ破! 2月5日は卒門生限定ツアー

    オモイビトがいる。  師範代をやって良かったと思うことは、このことだ。  教室が終わったあとも、折にふれて思い出すのは、あの時交わされた言葉の数々だ。そして一緒に「卒門」という名のゴールテープを切ったあの喜び。この記憶 […]

  • イシス寄席・用法語り――48[守]伝習座

    11月27日、2年振りに本楼でリアル開催された48[守]伝習座。ここでは師範が講師となって、師範代たちにさまざまなモノを手渡していく。用法4の「用法語り」を担当した師範の角山が、そこでつたえたかったこととは何か。  え […]

  • Mから飛び出せ――48[守]伝習座ルポ

    「文楽を見なさい」  48[守]第2回伝習座で、突然、ひとりの師範代に対して、松岡校長から言葉が投げかけられた。森村泰昌が今、人形浄瑠璃の人形を擬こうとしている、というエピソードの紹介の流れだった。  名指しされたのは、 […]