教室にハイパーな夕凪を 48[破]伝習座

2022/04/26(火)08:13
img

破の開講をさかのぼること半月前、破の伝習座に、夕凪アルケミストがやってきた。久しぶりに、海を渡ってやってきた。

 

編集学校の教室は、いつも順風満帆とはかぎらない。逆風も吹く。学衆からの抵抗、抗議、反発、暴動、攻撃だってある。そんなときに師範代はどうすればよいのか。それを語りにやってきた。

 

そして伝習座はこうなった。

 

この日の破の伝習座のハイパーゲストは、渡辺恒久師範である。守の番匠を長らく務めた編集学校の番人。ハワイに居を構えて、日本語と英語で編集の瀬を渡るだけでなく、身体性を重視したワークショップで言葉とカラダの閾も越える。言葉の匠を多く抱える編集学校も、体と英語をここまで編集的に使いこなす者はいない。

 

長らくコロナの影響で彼の姿をモニター越しにしか見ることができなかったが、この日は豪徳寺に現れ、その身体性が発する独特の空気でやはり周りを和ませる。筆者は渡辺とは17破で同期師範代の間柄。彼が師範代を務める教室の名が夕凪アルケミストだった。

 

渡辺からは続々と、教室運営、特に波濤が渦を巻いて襲ってくるときのためのキーワードが渡されていく。90%の用意があって初めての卒意。狙いすぎない、追い込みすぎない。言葉を発するときのリスクの自覚。そこまで続けた渡辺がマイクを置いて、「では、やってみましょうか」と立ち上がる。伝習座の場では異例の、身体性の開陳だ。

 

 

たとえば人は、肘を外側から相手に抑えられ、体の自由を奪われたときにどうするか。当然、抑えている相手の肘を押しのけて払おうとするだろう。でもそうじゃない、と渡辺は、抑えられている腕を伸ばし、手のひらを拡げて外へ向かう。手のひらで世界を感じ、呼吸して、可能性のあるほうへ大きく伸ばしていく。そうすると、抑えつけられた相手の両の腕のなかで体がするりと一回転し、体は解放される。何とも戦わない、自由。

 

「と、こんなふうに運営してみてください。」

 

伸ばす手の先が、コンティンジェントを物語る。コンティンジェントとは、「ともにふれる」という義だと渡辺は言う。決まったことではなく、「可能性のある方へ、ある方へ」と手を伸ばす教室運営。今から15年前、17破の感門之盟で、夕凪アルケミストの師範代として「行こう、行こう。他のいる向こうへ行こう」と静かに絶唱したときから変わらぬ、編集的自由の心柱(1249夜『大乗とは何か』参照)。

 

編集学校の番人のコトバとカラダを受けた師範代たちは、すでに破の大海原に漕ぎ出した。


  • 中村羯磨

    編集的先達:司馬遼太郎。破師範、評匠として、ハイパープランニングのお題改編に尽力。その博学と編集愛、労組トップとしての経験を買われ、校長が座長を務めた経産相ボードにイシスメンバーとして唯一人選出される。学生時代は芝居に熱中、50代は手習のピアノに夢中。