肖女のまなざし あやか律師の声明

03/14(土)23:40
img

感門之盟が終盤にさしかかる。

 

校長校話を継いで、壇上には八田英子律師が登場した。自身の地元である金沢にあやかって、選んだ衣装は加賀小紋。煌めくブルーの地に小花をあしらった着物でステージに立つ。

 

八田律師は、校長校話で取り上げられたさまざまな商品(オブジェクト)をベースに、「わたしたちの身に回りにある小さなものは、世界の断片に溢れている。それは角度や見方を変えると、得体が知れなくて不思議なものかもしれない。」と語る。

 

我々は本来、謎めいたアイブロウチップやコップ、電球を当たり前のモノとしか見ていないのではないか。コップは水を入れるだけでない。楽器や武器にもなることに目を逸らしてはいないか。

「マクロからミクロ、ミクロからマクロに視点を動かす。オブジェクトにこそズームインズームを繰り返し、編集力を鍛えるべきだ」と凛々しく告げる八田律師。

 

力強いメッセージを胸に加賀小紋に散らされた美しい花々に目を凝らし、想像を働かせてみると、いまこの瞬間に別様の可能性が生まれるかもしれない。

 

“あやか律師”の輝く瞳に肖りたいと、その場に集う誰もが願った。

 

 


  • 増岡麻子

    編集的先達:野沢尚。リビングデザインセンターOZONEでは展示に、情報工場では書評に編集力を活かす。趣味はぬか漬け。野望は菊地成孔を本楼DJに呼ぶ。惚れっぽく意固地なサーチスト。

  • 多読ほんほん2016 冊師◎増岡麻子

    2016年より遡ること、数十年前。  父の本棚は、子ども時代の私にとって未知の世界でした。メディアに関わる仕事をしていた父が、学生時代に読んでいた柴田翔や福永武彦、カミュといった小説家の作品やノンフィクションの新書のほ […]

  • 【20周年感門】冷めてもおいしい、イーてれ舞台裏へ飛んでQ(後編)

    表舞台の数だけ裏側に物語がある。先に行われた20周年感門之盟では本楼や近大、大分・耶馬渓など列島各地にステージが設えられ、綺羅星のごとく多くのスターが登壇した。これだけではない。感門之盟にはもう一つ、オンラインの舞台が […]

  • 入門と進破、そのきっかけは?

    きっかけはコロナだった。    外出自粛によって旅行にいけない、飲み会も参加できない。思わぬ時間がぽっかり空き、彼女は入門を決めた。    怒涛の如く降りてくるお題に怯み、焦り粛々と自宅学習する日々。リモート […]

  • 【イシス祭@島根】引き算の美学「ないもの」編集は島根が発祥だった!

         第1位  遊びにいくところが少ない 38.9%(148票)  第2位  若い人が少ない 25.5%(97票)  第3位  アピールが下手だと感じる 22.1%(84票)  第4位  人口が少 […]

  • 20年前の先達文庫、20年後の多読ジム

       井上ひさしの人気は圧倒的だ。  宮本常一に白洲正子、朝永振一郎、メルロ=ポンティが後を追いかける。   1位 『文章読本』(井上ひさし/新潮文庫)…16人      2位 『忘れられた日本人』( […]