風雲アレキサンダー降臨

2020/08/25(火)20:35
img

その進撃は前触れもなく始まった。

 

1)僕は周りに流されるのを好まないマイペースな猫だ

ほぼ3カ月ぶりの回答だった。2020年8月15日午前2時前、45[守]全番回答締切の46時間前である。

遅れましたも、再開しますの言葉もなく淡々と回答が届く。回答内容はとてもいい。

すみれの花咲く教室師範代の野住智恵子は3時間後に指南を返した。「何とも息苦しい今の時代、あなたがた若者が夢を見るためには、思考の型が役に立つ」と添えて。

 

その日彼は5つの回答を寄こした。残りのお題は24題だ。担当師範の石井は、高校生学衆上野君の復活にガッツポーズをしながらも卒門は難しいだろうと踏んでいた。
しかし彼の動きは素早かった。どんどんパワーアップしていく回答、余裕すら感じさせる時間使い、野住はこれは蜃気楼か!と驚きの声をあげた。

 

08/16 12:08 【お題:017番】サンドイッチもコロッケも
08/16 17:10 【お題:024番】風が吹いたら三味線
08/16 20:34 【お題:030番】連想シソーラス
08/16 21:48 【お題:033番】やわらかいダイヤモンド
08/16 22:51 【お題:036番】バナナと魯山人
08/16 23:35 【お題:037番】イシスな文体練習
08/16 23:55 【お題:038番】編集カラオケ八段錦

 

締切5分前、上野アレキサンダー君は卒門を決めた。「このすみれの花咲く教室は、最高に楽しかったです」の言葉とともに。
雲が払われ青空が広がるすみれの花咲く教室には、大量の未指南を前に気合でほほ笑む野住千恵子がいた。


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 師範代は回答がお好き――回答があれば似顔絵も描ける

    「らしさ」は守の主題だけに、本気でむつかしい。かつて伯楽と呼ばれた師範は語った。 この「らしさ」に真っ向勝負を挑んだのは、48[守]平時有事教室師範代、石黒好美である。 ターゲットは12月12日の汁講。開講してから3週間 […]

  • 大阪のおばちゃんの実像は?

    「教頭先生を想像していました」「近所のおばちゃんのような方かと」。汁講の冒頭で、「はいから官界教室」の学衆たちは描いていた師範代のイメージを語った。先月行われたイベント稽古「番選ボードレール(番ボー)」で、師範代の竹岩 […]

  • きりんは内科、するめはゴールキーパー。 ならば「わたし」はどう分ける?

    「豆腐で役者をわける」。[守]の稽古38題中、8番目のお題タイトルだ。  売上高や収益率、得票数や偏差値なんぞの数値で分けるだけでは世界は分からない。まったく違うカテゴリーで分けることでこれまでなかった見方が獲得できる […]

  • 縞々BPT教室の目利き力

    設計士に操縦士、インフルエンサーにナイチンゲール。いずれも47[守]縞々BPT教室メンバーの属性である。と言っても職業ではない。あだ名でもない。称号だ。  2021年7月末日、縞々BPT教室1回目のオンライン汁講が開か […]

  • そっちの笹はお~もいぞ・こっちの稽古はう~まいぞ

    43[守]29.5%、45[守]31.6%、47[守]46.2%。土用のうなぎのぼりのような数字は、春開講[守]講座恒例の別院企画【七夕のささやかな願い】への参加率だ。  季節の行事への欠乏感が募る世情の現れでもあるだ […]