2020ETS編集聖火キャスト01「情報の捉え方は千差万別」石井由紀さん(神保町)

2020/03/04(水)18:14
img

全国同時多発で打ちあがった編集の祭典「ISISフェスタエディットツアースペシャル(ETS)』。4月までに全国20か所を編集聖火ランナーがかけぬけます。ここでは開催終了会場の参加者の声を紹介します。

 

【Q.受講のきっかけは?】

私が活動に参加しているフリーペーパー「おさんぽ神保町」宛にエディットツアーのご案内を頂いたため。
取材した内容を、どうすれば読者の方によりよく伝わる誌面に出来るのか知りたくて参加しました。

 

【Q.エディットツアーを通じて得たこと、学んだこと、新しい発見はありましたか?】

目次読書やセレクト写真でストーリー作りというグループワークがとても新鮮でした。
同じ情報を元にしてもそれをどう捉え、選択し、連想、仮説するかの力量、関わった人によって辿り着く答えは千差万別なのだと体感しました。

 

【Q.今後にどう活かしたいですか?】

さしあたり、「おさんぽ神保町」春の号の記事に活用したいです。
また、町の活性化にも興味があるので繋げていければと思います。


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • ISIS 20th Anniversary師範代リレー[第17期古田茂 編集第一線で変革期を支える]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。 ◇◇◇   食品偽装に年金記録漏れ問題に日 […]

  • 第75回感門之盟 100shot #3 松岡正剛、共読の秘儀

    ▼少数なれど熟したり 「共読は本来楽しいもの。ただ共読は楽しいばかりではない」ズレやミス、分かり合えなさを許しながら、共読してアイダを繋ぐことは諦めないで欲しいと46[破]突破生に餞の言葉を贈る原田淳子学匠。少数なれど熟 […]

  • 第75回感門之盟100shot #02 咲き誇れエディスターよ

    「これはTV番組20本分!」と漏らしたのは本職をフロアディレクターとする中島麗師範代だった。オンライン2days感門之盟は、TV番組20本分のプログラムがぎっしり詰まっているらしい。想像するとギョッとするが、冷静に考えれ […]

  • 第75回感門之盟100shot #01 文字に声、紅を差し、感じる門。

    学衆がBarの客になれば、学匠はママになる。プラニングがキソイで磨かれれば、師範・師範代はイシス初CM制作に挑む。『情報の歴史21』はついに刊行、千夜千冊でフェチが胎動。オンライン2days感門之盟もこれで二度目、しかし […]

  • 松岡校長が学匠に託したいもの 47[守]46[破]伝習座 20shot

    ▼同時進行する守破パラレルワールド 時同じくして開始した47[守]、46[破]伝習座。[守]が集う1階本楼では生まれたばかりの教室名とともに大海に漕ぎ出そうとする師範代に向けて「これでもか!」と指導陣が背中を押す。インプ […]