2020ETS編集聖火キャスト02「本の読み方が変わった」K村さん(会社員・神保町)

03/04(水)20:45
img

全国同時多発で打ちあがった編集の祭典「ISISフェスタエディットツアースペシャル(ETS)』。4月までに全国20か所を編集聖火ランナーがかけぬけてます。ここでは参加者の声を紹介します。

 

【Q.受講のきっかけは?】

友人がイシス編集学校の師範代をしており、誘われたのがきっかけです。

 

以前参加したISIS FESTAでの漫画本のDONDEN読み*で刺激を受けたこともあったので、参加を決めました。

 

もともと映画好きなので、今回のテーマが映画だったことも決め手になりました。

 

*DONDEN読みとは、1冊のマンガから、自分が関連づけた新書、文庫を2冊選び、3冊の本を紐づけて読む読書法。

 

 

【Q.エディットツアーを通じて得たこと、学んだこと、新しい発見はありましたか?】

通常ある程度情報をもって、読みたいと思う本を買うことが多いので、読む前に、「優しい本だな」とか「真面目そうな本だな」とか手触りや本から受ける印象を感じることが新鮮でした。

 

普段も目次や後書きなどを読んで本を選んでいるはずですが、目次からどのようなことを書かれているかを想像し、どこに自分の興味があるかを考えること、どのような背景の本かをちゃんと知ろうとすることを意外にしていないというのも発見でした。

 

映画のカット編集ワークでは、同じグループのメンバーの嗜好などを知り、くみ取りながらストーリーを作りあげていくこと、そしてその場にいるメンバーによって全然ストーリーが変わっていくことが面白かったです。

 

私はB級映画も割と好きなので、個人的には自分たちのグループで作ったストーリーも気に入りました。

 

 

【Q.今後にどう活かしたいですか?】

自分の知らない未知の本にもっと出会ってみたいと思いました。


また、ちょうど今、自室の本を整理しているので、もう一度それぞれの本のイメージを感じつつ、自分がその本が本当に好きなのかどうか選別するのに役立てたいと思います。


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。