2020ETS編集聖火キャスト03「『型』は思ったよりも、ずっと自由だ」成冨美香さん(会社員・福岡)

03/04(水)20:54
img

全国同時多発で打ちあがった編集の祭典「ISISフェスタエディットツアースペシャル(ETS)』。4月までに全国20か所を編集聖火ランナーがかけぬけます。ここでは開催終了会場の参加者の声を紹介します。

 

【Q.受講のきっかけは?】

仕事のスキルアップにつながりそうだな、と感じたことですね。
広報の仕事で、ライターやディレクションをずっとしてきたのですが、無意識にやっていることをロジック化できるのかな、と思いました。

 

パンフレットに載っていた「柔らかい編集・堅い編集」という言葉にもピンと来るものがありましたね。

 

 

【Q.エディットツアーを通じて得たこと、学んだこと、新しい発見はありましたか?】

インプットとアウトプットの間に起きていることを方法として取り出すという説明が面白かったです。
また、旅行の組み立てや料理のダンドリも編集なんだ、というとらえ方が新鮮でした。

 

「型」って思ったよりも、ずっと自由なものなんですね!

グループワークでは、いろんな世代の方と交流しながらひとつのことに取り組めたのが、とても楽しかったです。

 

 

【Q.今後にどう活かしたいですか?】

ツールとしての「編集」という考え方があるだけで、お仕事はもちろん、日常の見え方も変わってきそうです。

枠があることで、さらに自由になりたい。

 

すでに45守に申し込んでいるので、受講を楽しみにしています。

 

 

written by 三苫麻里

 

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。

  • イシスDO-SAY 2020年9月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   6月に創立20周年を迎えたイシス編集学校は、9月20日・2 […]

  • 多読ほんほん2014 冊師◎宮野悦夫

    2014年は暑い夏だった。集団的自衛権の行使が容認され日本中が騒然とするなか、8月、広島市北部では豪雨による土砂災害が発生。山稜がパックリ割れて、家々を木っ端微塵になぎ倒した。9月には御嶽山が噴火。戦後最悪の火山災害は […]

  • ISIS 20周年師範代リレー[第8期 鈴木元一朗 編集の型でトップをとったレジェンド]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月1日に20周年を迎えた。現在開講中の第45期の師範代まで、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

  • 多読ほんほん2011 冊師◎景山卓也

    2011年といえば「3.11」。地震、津波、原発という問題・関心が一挙に日本中に広がりました。震災直後に更新されました1405夜 『新版 活動期に入った地震列島』には、3月11日の翌日に24[破]の伝習座が開催され、こ […]

  • 【イシス祭@鎌倉横浜】浜っ子は夢を担ぐよ、washoiは世界の言葉じゃん!

    1946年、大戦直後の鎌倉に自由大学「鎌倉アカデミア」が創設されました。わずか4年半で閉校してしまいましたが、教える者と教わる者とが高揚し発奮し、風流な過差をもって時代を切り拓き、演劇、映画、文学の分野で一世風靡する才能 […]