2020ETS編集聖火キャスト07「メキメキサクサクと脳の浄化」池上雅美さん(メイク講師・富山)

03/06(金)10:20
img

全国同時多発で打ちあがった編集の祭典「ISISフェスタエディットツアースペシャル(ETS)』。4月までに全国20か所を編集聖火ランナーがかけぬけます。ここでは開催終了会場の参加者の声を紹介します。

 

 

【Q.受講のきっかけは?】

 宍戸さんにお誘い頂き、今回初めてETに参加させて頂きました。わたしは、波動と浄化・メイク講師や美容の仕事をしておりまして、実は今、商品開発と新しいメニュー、新しい活動を作成している最中でした。そのタイミングで今回のお誘いを頂戴し、ワクワクな未知のヒントがあると思ったこと、編集工学世界をちょっと初体験してみよう!と思ったことが受講のきっかけです。

 

 

【Q.エディットツアーを通じて得たこと、学んだこと、新しい発見はありましたか?】

 編集とは?という問いに対して、わたしの中にあった『編集』への固定観念が存在していたようです。というのも、本や雑誌や映像をはじめとする編集だけにとどまらず、日常のあらゆる瞬間で編集を行っている、ということを知った瞬間、それらの観念が解放された感覚がありました。

 

 ワークを行って行く中で、更地からメキメキサクサクと高層建築が構築されていくスピード感と、異素材をパッチワークしていくような、意外性を伴った、まったくあたらしいモノが出来上がっていく工程を楽しむことができました。決められた時間の中で仕上げる、という凝縮した『動』のスリル感が面白いと感じます。

 

 また、参加者の皆さまと対話したり、作品を拝見する中で、チャーミングな斬れ味やクスッと笑える楽しさを垣間見て、ギャップの魅力も発見できました。

 

 

【Q.今後にどう活かしたいですか?】

 編集とは、『脳の浄化』だと感じました。脳が覚醒していくような感覚です。型の重要性を知り、そこからどう効率的に動いていくのか?ということを学べました。受講して学んだ知識を日常でスムーズに行えるように訓練し、取り入れていきます。そして、仕事面での商品やメニュー開発に早速生かしてまいります。この度は刺激的な体験をありがとうございました!

 

written by 藤田小百合

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。

  • エディストショップ#1:64技法風呂敷【20周年感門之盟】

    ノートに鉛筆、龍角散にドライバー、年表に星座盤…。 どれも『雑品屋セイゴオ』(春秋社)で登場する、校長のフェチな品々だ。     知的フェチをくすぐる品々をお届けするエディットショップが遂にオープン! […]

  • 46[守]教室名発表 ~ドラム&ギターに言祝がれ~

    第74回感門之盟、2日目の中盤にさしかかるころ、第46期[守]の師範代と教室名が発表された。   本楼スタジオでは、美濃越香織 錬成師範、嶋本昌子 錬成師範が進行役をつとめた。おなじみ浅羽登志也 師範のドラム演 […]

  • 「ガンダム」に「おまかせ」!? 出世魚した45[破]の9教室

    ブリ、スズキ、ボラは、成長とともにその名前が変わる「出世魚」だ。江戸時代には、元服や出世の際に名前を変えたことに似ているため、縁起ものとして出世魚は喜ばれたようだ。   イシス編集学校の教室名も“出世魚する”。 […]

  • 44[破] 先達文庫 第74回感門之盟

    20周年記念「Edit Japan2020」第74回感門之盟、午後の部は、44[破]突破式からはじまった。原田淳子[破]学匠が、44[破]を振り返りながら、お祝いのメッセージを贈る。   「今期は、コロナウィル […]

  • 第18座 風韻講座 アワード3賞は誰の手に?!

    第74回感門之盟の2日目。午前の部では、風韻講座 第18座 夕星座の韻去式が行われた。   風韻講座とは、編集の型を使いながら、日本語の提携を学ぶ・遊ぶ講座である。申し込み開始から、ほぼ一晩、おそくても二晩で埋 […]