2020ETS編集聖火キャスト10 「リアリティがあれば○○と違っていてかまわない」土肥寛幸さん(農業・甲府)

03/07(土)10:44
img

全国同時多発で打ちあがった編集の祭典「ISISフェスタエディットツアースペシャル(ETS)』。4月までに全国20か所を編集聖火ランナーがかけぬけます。ここでは開催終了会場の参加者の声を紹介します。

 

【Q.受講のきっかけは?】

知人がSNSで案内していたのを見たのがきっかけ。

日ごろ、新規就農者たちが学ぶ場を運営しているなかで、編集の必要さを感じていたため。

 

【Q.エディットツアーを通じて得たこと、学んだこと、新しい発見はありましたか?】

編集で生み出す結果はコミュニケーションであり、リアリティがあれば本物と違っていて構わないということ。

事前に思い描いていた編集と実際の編集のワークは違っていて、いい意味での嬉しい発見でした。

 

【Q.今後にどう活かしたいですか?】

これからも編集は続けていくので、今回の体験を反映させたい。


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。

  • 【輪読座】漢字がシステムを生み出した(「白川静を読む」第二輪)

    バジラ高橋の輪読座「白川静を読む」の第二輪がスタートした。   第一輪では、白川静と先行する甲骨・金文文字研究のクロニクルを重ねつつ、『万葉集』『詩経』といった東洋古代の世界観に惹かれた白川静が、先行研究の先達 […]

  • 45[破]伝習座「50グラムの勇気を携えて」原田学匠・中村評匠メッセージ

    今、物語ることが奪われている   [守]で3Aといえば、[破]では3M。メッセージとメディアとメソッドの頭文字から取っている。メッセージとはイメージや伝えたい内容を表現した言葉で、その奥にはヴィジョンやコンセプ […]

  • 20周年感門之盟の注目記事ピックアップ!

    やはり編集工学は「情報」とともにあった。   初の二日間開催となった20周年感門之盟のフィナーレから約一日。 この間にアップされた記事は30超、View数もエディスト史上最多を更新しつづけた。   9 […]

  • 感門フィナーレと余韻と【20周年感門】

    20周年感門は校長校話「EDIT JAPAN 2020」でフィナーレを迎えました。 終了後のオンラインでは見られない余韻に浸る東京会場の様子を写真でお伝えします。   【拍手で労い・寿ぐ】 「みんな、おつかれさ […]

  • 速報!『情報の歴史』予約開始 【20周年感門之盟】

    古代から現代まで。 象形文字から人工知能まで。   [破]のクロニクル編集術稽古の誕生のもととなった、松岡校長にしかできないクロニクル編集の『情報の歴史』。 1996年の増補版以来、約25年ぶりに令和時代の『情 […]