2020ETS編集聖火キャスト12「編集で間は動かせる」石丸穂高さん(事業開発・甲府)

2020/03/08(日)10:46
img

全国同時多発で打ちあがった編集の祭典「ISISフェスタエディットツアースペシャル(ETS)』。4月までに全国20か所を編集聖火ランナーがかけぬけます。ここでは開催終了会場の参加者の声を紹介します。

 

【Q.受講のきっかけは?】

内田文子さん(師範代)からのお誘いです。普段からデザイン思考や新しい方法に興味があり、編集の見方がどのようなものかを体験したいと思い参加しました。

 

【Q.エディットツアーを通じて得たこと、学んだこと、新しい発見はありましたか?】

間は動かせるということです。まず、間をつくることが自分の課題だと常々感じていました。地を動かすトレーニングを意識して行うことで、間を広げたり、埋めたり、多様に動かしていけるのは大きな発見です。

 

【Q.今後にどう活かしたいですか?】

編集を日常化させていきたいですね。たとえば仕事で印刷機を扱っているのですが、このままではもう売れなくなってしまう。そこで、新しい切り口が必要になる一方で、社内の誰もがそのことを共感できるわけでもありません。ですから、単に新しい見方を広げるだけでなく、そこをどのようにコミュニケーションを取っていくかまで含めて、編集によって知にしていきたいです。

 


  • 上杉公志

    編集的先達:パウル・ヒンデミット。前衛音楽の作編曲家で、感門のBGMも手がける。誠実が服をきたような人柄でMr.Honestyと呼ばれる。イシスを代表する細マッチョでトライアスロン出場を目指す。47期[守]講座番記者。

  • 【輪読座】日本民俗学という方法(「柳田国男を読む」第一輪)

    日本民俗学=柳田国男という方法 民俗学でも、民族学でも間に合わない。新たなる国学が必要だ。   そうして「日本民俗学」を標榜した男こそ、農務官僚にして文化政策官僚の柳田国男である。ここには、20世紀の日本国家の […]

  • 型の原点・稽古の原郷、本日開門!【47[守]】

    編集は変化なのである。編集はつねに変化しつづける「そこ」にさしかかって仕事をする。(中略)「かわる」と「わかる」は、必ずや「そこ」においてこそ成立するもので、「そこ」にさしかからないでは何もおこらない。 松岡正剛&イシス […]

  • いよいよ明日開講!47[守]教室・師範代一覧とフライヤー制作の裏側

    イシス編集学校と教室名を表象する「フライヤー」   「壊す・肖る・創る」という方法がある。イシス秘伝のメディエーションメソッドだ。   「コンパイル」「連想」「らしさ」による与件の拡張で既知の情報を「 […]

  • イシス流・メディア編集の三つのプロセス【47[守]】

    イシスは今、「編集力の実践」のフェーズへ   実践的な編集力を示して欲しい。   第75回感門之盟での教室名発表から二日。47[守]の師範代がZoom上に集う。春の開講にむけて、最初の編集力の実践であ […]

  • 二日間の「共読」の余韻に【75感門 フィナーレ】

    「INFORM共読区」をスローガンに共読にあふれた二日間の感門之盟も節目を迎えた。エディスト記事でも共読の余韻をどうぞ。   初日の記事一覧はこちら。   プランニング編集術の集大成へ向けて P1グラ […]