ミポリンが得たもの、捨てたもの イシスと出会って

08/06(火)09:00
img

 「オレンジ色のホンダ・ズーマーが青春時代の恋人でした」。

 

 そう回想するのは、ミポリンこと浦澤美穂(12[離])。札幌での学生時代に原付バイクを乗りまわしていた。「遅れてきた反抗期でしょうか」。浦澤はふり返る。母親に反対されて一度は購入を断念した。だが、一冬かけて母親を説得のうえ、ついに手に入れた。

 

 ズーマーと別れの時が訪れる。広島への嫁入りが処分のタイミングになった。相手の小桝裕己(12[離])とはイシスで知り合った。ズーマーの下取り査定額は0円。浦澤はリアル男子へ乗りかえを果たした。


 結婚式当日に12[離]が開講。浦澤は洞響院、小桝は草徴院に同時入院する。慣れない土地での新婚生活は、世界読書で始まった。2018年夏には[守]師範代の再登板をする。同時期、水害で被災したが、浦澤の指南は漂々としていた。

 

 今後、イシスと浦澤になにが起こるのだろうか。浦澤の冒険はまだまだ続く。

 

浦澤・小桝

浦澤が得たもの


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。

  • 井ノ上シーザー、45[守]に“遊刊エディストの歩き方”を語る

    「遊刊エディストの歩き方を守学衆に語ってください」。 番匠・景山和浩のリクエストを受けて、井ノ上シーザーが2020年5月26日、45[守]別院に登場した。タイトルは「遊刊エディストの歩き方」。「イシスと遊刊エディスト」「 […]

  • 東北の切実と逸脱の愉快と 第30回未知奥声文会

    第30回未知奥声文会は「ポール・ヴィリリオの事故と哲学」で始まり、「バンクシーのアート」で終わった。 ヴィリリオが述べる事故をめぐり、原発事故とコロナ・エピデミックの相違と類似について討議を重ねた。バンクシーのアートにつ […]

  • 未知奥声文会、仏教とアジアを語る

    2019年10月13日、未知奥声文会は仏教とアジアを中心に交わし合いをした。 ネット会議の終わり際に、林、井ノ上、花岡は、離想郷ラウンジにレポートを挙げることとした。 今回は、そこで垣間見られた、各メンバーの「場所と記憶 […]

  • 有事の中で45[守]開講 松岡校長メッセージを読む

    2020年4月20日午後。 新型コロナウィルス・パンデミックの渦中の時、松岡正剛校長のメッセージを合図に45[守]が開講した。パンデミック“にもかかわらず”なのか、“だからこそ”なのか、教室数を増設するほどの盛況ぶりだ。 […]

  • 45[守]の今 前代未聞の速修コースで起こっていること

    45[守]では、15週間でカリキュラムを完了する「速修プラン」を設ける。5月4日の開講日から13日まで、毎日の出題がされることになる。ゴールデンウィークを編集稽古漬けにするという、初めての試みだ。    当然 […]