南洋に方法の台風予報。平野しのぶ師範代のEツアー初登板。

02/04(火)20:37
img
 「見えないものを価値にしてあらわすのがアートであり、編集である」。
 平野しのぶ師範代のエディットツアーのテーマは、「ビジネスにアート思考をもちこむ編集力」。リゾート開発の仕事で世界中、日本中を飛び回り、年に飛行機搭乗は100回を超えるという平野。仕事であるホテルのデザインにも、リゾートの企画にもアートな編集力が必要だと日々感じているということで、エディットツアーのテーマが決まった。
 
 「アート」の語源はラテン語の「アルス」。「方法」を意味する。特に情報の見方を変えること、異質な情報を関係づけること、そしてそれをあらわし、示すこと。つまり、「アート」は「編集」と言い換えてもいい。情報をインプットし、アウトプットするまでの間にあるのが「編集」。そのブラックボックスになっているプロセスを情報の収集・関係づけ・構造化・演出の4段階にわけて、意識的に方法として学ぶのが「編集術」だ。言い換えれば「編集術」は、アートのプロセスの可視化をしているわけなのである。
 
 平野は高野和哉師範代とともに、石垣島ゆがふ国際映画祭の共同発起人の一人にもなっている。
 
 
今回のエディットツアー初登板を経て、平野&高野のコンビは初の石垣島でのエディットツアーを開催予定。アートと編集でビジネスを動かし、世界を股にかける平野しのぶ師範代。石垣島での1時間半を4本。スコールのごとく編集知を南の島に浴びせかけるだろう。
【石垣島会場 day1】日時:2月22日(土)
13:30 – 15:00  第1回
15:30 – 17:00  第2回
場所:アートホテル石垣島 13階スカイラウンジ「カプリコン」(沖縄県石垣市大川559 )
 
【石垣島会場 day2】日時:2月23日(日)
13:30 – 15:00  第3回 U23の編集講座(23歳以下)
15:30 – 17:00  第4回(2/22(土)の第1回と同内容)
場所:アートホテル石垣島 13階スカイラウンジ「カプリコン」(沖縄県石垣市大川559 )

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • ツッカム正剛に小倉加奈子登場!ガンとは何かお教えしましょう。

    「子どものころから内臓の絵を描くのが大好きでした」。  松岡正剛校長に「絵を描くのは前から好きだったの?」と問われて、小倉加奈子は即答した。    昨年7月に出版された『おしゃべりながんの図鑑』(小倉加奈子著 CCCメ […]

  • 過剰なもてなしは真骨頂 若林牧子の新春Eツアー

    「私は頑なな鶴の子です」。  仕事の拠点である愛媛の銘菓「鶴の子」に色白で柔らかな自分自身を見立て、自己紹介した若林牧子師範。令和に元号があらたまった初登壇に続いて、年明けの今回が2回目のインターアクターになる。まさに […]

  • 新企画予告 短編小説連載がスタート!

    ハンカチ王子、ハニカミ王子、編み物王子、氷上の王子。  世の中にはかくも多くの王子がいるものだが、イシスの「物語王子」と言えば宮前鉄也のことである。    20[破]のアリストテレス賞知文術では、古井由吉『仮往生伝試文 […]

  • 2020新春放談企画「エディスト・スタイルでいこう!」 後編 -20周年に向けて

      ●2019独断と偏見の編集部一推し記事②乱入あり 松原: 穂積さん、ありがとうございました。私のリコメンドといえば、梅澤奈央さんが書かれた福田容子さんのワークショップ記事ですね。梅澤さんのエディストデビュー […]

  • 松岡正剛 ×イシス多士済々 教育新聞の長期連載スタート!

    読書力低下の深層には編集力の低下がある。  教育新聞元旦号に松岡正剛校長の3時間になるインタビュー「松岡正剛さんに聞く 読書力低下の深層(上)」が掲載された。(全文は購読会員限定コンテンツ)。表面化している日本人の読書 […]