【参丞EEL便#007】記憶としてのWEBへ、EELサイトをリニューアルする

2022/06/08(水)17:51
img

「A面とY面のデュアルでいく。」

松岡校長初のレギュラー出演番組「関口宏の一番新しい古代史」(BS-TBS 毎週土曜昼12:00~12:54)では、日本の(天皇の)謎を解くには、物語的な『古事記』と編伝体の『日本書紀』のデュアルを編集したことが一つの大きなヒントになる。とあった。

 

EEL公式サイトを、チーフエディター仁禮を中心に、リニューアルする準備を進めている。

企画段階だが、以下の根本方針を立てた。①EELの体制変更(6月中に正式発表)に合わせたイメージの刷新、②EELメディアの充実(これは遊刊エディストがかつてない先陣役としてぶっちぎっている)、③EELの事業実態を、知の体系化から、本棚空間や各編集制作、AIDAなどの”文化サロン”まで、わかりやすくし過ぎずに複雑なまま提示する。

 

EELデザイナー穂積が「現状のサイトは、編工研の過去の歴史がほぼ伏せられていて、まるで文化大革命が起こってしまったよう」と嘆いたが、④35年をこえた編集工学研究所の実績とクロニクルを内容を編集してモーラする。(今、EEL倉庫発掘隊が起動して、「The OPERA Project」や「花鳥風月システム」など、大きなカテゴリーでも150以上のプロジェクト資料が掘り起こされている)

そして、⑤記憶と想起のためのWEBインターフェース設計を試みる。目次や見出しやレタリング、ノンブルに脚注に図版・キャプションといった「記憶としての書籍」がもつ意匠や技法(アルス・ノトリア)を、WEB化するトライだ。イシスのWEBディレクター、外部の制作パートナーとの議論がはじまった。

 

最後に、⑥上記①〜⑤を、A面とY面の表裏デュアルでサイトを構築して表現する。(アイキャッチ画像は穂積作のA面Y面イメージ)これは大変チャレンジングで、A面は安定・オフィシャルな顔として、Y面は猥雑・カジュアルな舞台裏としてのコンテンツが出る。わいがや、ワイドショー、賄賂にワイルドピッチ。Y面にはEELスタッフ、イシスメンバー、EEL界隈の好きと物語が溢れ出る予定である。この中でも特に⑤のインターフェース設計の進捗は、エディストでも随時公開していきたい。

 

追伸:今日6/8に松岡さんとEELサイトについて少し雑談ディレクションあり。「表も裏も同時に出さないと。行ったり来たりできた方が良い。ここは、パーソナルなものが一挙にグローバルになる。パーソナルなものも、でこぼこをつけること。」

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]

//つづく//


  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。

  • 【参丞EEL便#029】科学道100冊2022をリリース

    2022年は、「情報の世紀」「光を追いかけて」「科学史タイムトラベル」の3テーマです。   日本で唯一の自然科学の総合研究所である理化学研究所と本の可能性を追求する編集工学研究所による「科学道100冊」20 […]

  • 【参丞EEL便#028】図書館総合展で読書WS開催

    福井県敦賀市の「ちえなみき」が活況だ。   オープンから2ヶ月がたち、地元の高校生や他県からの視察隊など、敦賀市人口(6万人強)をこえる方が来場した。波うつ本棚空間に入り込むと、さまざまな知恵を運んできた本との […]

  • 【参丞EEL便#027】AIDAシーズン3、公式サイトも更新してます

    「この面子はキセキです。本気で臨むように。」   中世国文学者の田中貴子、文芸評論家の安藤礼二、漫画家の安彦良和、グラフィックデザイナーの松田行正、小説家のリービ英雄。AIDAのシーズン3「日本語としるしのAI […]

  • 【参丞EEL便#026】「ほんのれん」がつくる組織内外の資本とは

    「潜在能力(ケイパビリティ)」という概念を打ちだした経済学者のアマルティア・センや、『孤独なボウリング』で米国コミュニティの特質と変遷を論じたロバート・パットナム、社会学と経営戦略論をつなげるロナルド・バートに「ソーシャ […]

  • 【参丞EEL便#025】ほんのれん、出張出展します

    地質年代では、氷期がおわり、温暖化が進んで農耕がはじまった約1万年前から現在にいたるまでを「完新世」とよぶ。ヒト(ホモ・サピエンス・サピエンス)が一挙に繁栄した。   『フラット化する社会』の著者トーマス・フリ […]