【参丞EEL便#010】近大ビブリオシアターPR映像②「DONDEN」

2022/06/30(木)12:00
img

編集機密術35=ジグザグ、右往左往、アプト式、プロクロニズム、左見右見、リミックス、かわるがわる、オートポイエーシス、カットアップ。これ、みんな編集の極意。

 

近畿大学ビブリオシアター「NOAH33」の映像に続いて、「DONDEN」を紹介する。

1階「NOAH33」を7CHAのリズムでチャチャチャと踊りでて、2階「DONDEN」は11トピアをジグザグと駆けいだす。「DONDEN」は、漫画を鍵に、新書と文庫が鍵穴になって、知のどんでん返しがおこる日本で唯一の本棚空間である。三段で構成する映像をご覧あれ。

 

近大ビブリオシアターPR映像②「DONDEN」←ここをクリック

 

必冊「DODEN読み」は、漫画・新書・文庫を三間連結して知をつなげる。知をどんでん返しする読み方だ。棚にはISISフェスタゲストの近藤ようこさんや、近大生が実践したパネルも展示されている。漫画の「アーキタイプ」を独自の視点でググッと掴めるかが編集のコツ。

 

吉村林頭の大胆な演出プランによって、文楽と漫画が一種合成した。左上)ご用意された「DONDEN床本」を掲げるのは太夫・豊竹藤太夫師匠。右下)各三段の幕開けシーンも注目されたい。人形遣い・吉田玉男御大による口上が、シアターの東西に鳴り響いた。

 

DONDEN・近大文楽収録の様子はこちら:

【近大文楽】義太夫三味線レコーディングの段

【近大文楽】三味線・鶴澤清志郎インタビューの段

【近大文楽】吉田玉男一門、図書館ロケの段

 

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]

//つづく//


  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。

  • 【参丞EEL便#021】松岡校長ディレクション譜②(79回感門之盟の裏で)

    マイク回しは、お題である。マイク自体が、お題をもっている。 2022年9月11日の日曜日、「イシス題バシティ」というタイトルのもと、第79回感門之盟は2日間の編集アンサンブルをおえた。豪徳寺で、新宿や仙台や名古屋や福岡で […]

  • 【参丞EEL便#020】「科学道100冊 2022」先行予約まもなく開始

    免疫学者の多田富雄さんは、能と免疫学という、異質が行き来する世界を扱うものに向きあわれた。脳梗塞で倒れ、病床で意識を取り戻された時、能の謡曲の「隅田川」や「哥占(うたうら)」をそらんじたという。 科学ジャーナリストの石弘 […]

  • 【参丞EEL便#019】敦賀市「ちえなみき」オープン

    「ナポレオンも戦争も朝顔も、港も潮も、すべて本になる。ありとあらゆる”ちえ”を一番かたちにしてきた乗り物が、本なんですね。」   福井県敦賀市の駅前に、賑わい・交流の新拠点「otta」が、明日9月1日にオープン […]

  • 【参丞EEL便#018】松岡校長ディレクション譜①

    「ネーミングは、A×X・B×Y・・・のXとYをズラす、XとYで世界観をつくる、ということをとことん詰めたほうがいい」。   「今考えたい問い」と「今こそ読みたい本」をデリバリーする更新型一畳ライブラリーのサービ […]

  • 【参丞EEL便#017】リベラルアーツのための「読み筋」を探る

    「確固たる正解がない時代に、大局観をもって自分軸を養うことが、次世代リーダーに必要ではないか」「社員に、これからの社会をつくるための歴史観や未来像を養ってもらいたい」。 「教養」や「リベラルアーツ」をテーマにした講義や研 […]