【参丞EEL便#011】新社長就任 & アナロジカル・シンキングがひらく才能

2022/07/06(水)12:03
img

”アナロジーは、個人の経験や記憶のデータベースと照合しなければ動きません。「何をもって何とみなすか」のあいだには、人それぞれの「ものの見方」が入らざるを得ないのです。そのため、10人いたら10人のアナロジーがある。だからこそ、導かれた視点が価値を持つのです。 ・・(中略)・・自分のイマジネーションに向き合うことさえできれば、誰の中にもアナロジカルに発想する力はあるのです。”ー『才能をひらく編集工学』(安藤昭子、2020)

 

EELにはたくさんの祝電が送られてきている。6月23日に新社長に就任した安藤を寿くものだ。2階学林堂は紅白のお花が飾られて鮮やかである。その安藤が中心となり、発想力にビジョン浸透にと、EELでは数々の企業研修を進めてきた。近年「アナロジカル・シンキング」の講座が特に人気がある。「地と図」や「アーキタイプ」を型として活用する。

 

イシスではアナロジー・アフォーダンス・アブダクションの「3A」は編集稽古の骨法であるが、日常のビジネス業務ではほとんどアナロジーの威力を実感されていない方が多い。個人的な見方や好きや飛躍より、客観的な説得性や納得性を詰める思考が動く。そこを解きほぐして、自由連想の扉をひらく。

 

最近では、かつて松丸本舗のブックショップエディターであり、現役の[離]火元組でもある小川玲子師範にも講師をお願いした。小川さんは受容と評価のメリハリがうまい。鋭い。濃淡がある。対面で、ビシッと南を指すフィードバックを返すことができる。「連想に型があることに驚いた」「らしさを捉えるのが楽しい」「編集稽古をしてみたい」など、受講者の感も応も動く。今後は、アナロジーやアブダクション実践の講座ラインナップを仮設していくことになるだろう。編集工学3Aに、読相や方法日本の見方もまぜまぜしていきたい。

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]

//つづく//


  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。