【参丞EEL便#011】新社長就任 & アナロジカル・シンキングがひらく才能

2022/07/06(水)12:03
img

”アナロジーは、個人の経験や記憶のデータベースと照合しなければ動きません。「何をもって何とみなすか」のあいだには、人それぞれの「ものの見方」が入らざるを得ないのです。そのため、10人いたら10人のアナロジーがある。だからこそ、導かれた視点が価値を持つのです。 ・・(中略)・・自分のイマジネーションに向き合うことさえできれば、誰の中にもアナロジカルに発想する力はあるのです。”ー『才能をひらく編集工学』(安藤昭子、2020)

 

EELにはたくさんの祝電が送られてきている。6月23日に新社長に就任した安藤を寿くものだ。2階学林堂は紅白のお花が飾られて鮮やかである。その安藤が中心となり、発想力にビジョン浸透にと、EELでは数々の企業研修を進めてきた。近年「アナロジカル・シンキング」の講座が特に人気がある。「地と図」や「アーキタイプ」を型として活用する。

 

イシスではアナロジー・アフォーダンス・アブダクションの「3A」は編集稽古の骨法であるが、日常のビジネス業務ではほとんどアナロジーの威力を実感されていない方が多い。個人的な見方や好きや飛躍より、客観的な説得性や納得性を詰める思考が動く。そこを解きほぐして、自由連想の扉をひらく。

 

最近では、かつて松丸本舗のブックショップエディターであり、現役の[離]火元組でもある小川玲子師範にも講師をお願いした。小川さんは受容と評価のメリハリがうまい。鋭い。濃淡がある。対面で、ビシッと南を指すフィードバックを返すことができる。「連想に型があることに驚いた」「らしさを捉えるのが楽しい」「編集稽古をしてみたい」など、受講者の感も応も動く。今後は、アナロジーやアブダクション実践の講座ラインナップを仮設していくことになるだろう。編集工学3Aに、読相や方法日本の見方もまぜまぜしていきたい。

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]

//つづく//


  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。

  • 【参丞EEL便#021】松岡校長ディレクション譜②(79回感門之盟の裏で)

    マイク回しは、お題である。マイク自体が、お題をもっている。 2022年9月11日の日曜日、「イシス題バシティ」というタイトルのもと、第79回感門之盟は2日間の編集アンサンブルをおえた。豪徳寺で、新宿や仙台や名古屋や福岡で […]

  • 【参丞EEL便#020】「科学道100冊 2022」先行予約まもなく開始

    免疫学者の多田富雄さんは、能と免疫学という、異質が行き来する世界を扱うものに向きあわれた。脳梗塞で倒れ、病床で意識を取り戻された時、能の謡曲の「隅田川」や「哥占(うたうら)」をそらんじたという。 科学ジャーナリストの石弘 […]

  • 【参丞EEL便#019】敦賀市「ちえなみき」オープン

    「ナポレオンも戦争も朝顔も、港も潮も、すべて本になる。ありとあらゆる”ちえ”を一番かたちにしてきた乗り物が、本なんですね。」   福井県敦賀市の駅前に、賑わい・交流の新拠点「otta」が、明日9月1日にオープン […]

  • 【参丞EEL便#018】松岡校長ディレクション譜①

    「ネーミングは、A×X・B×Y・・・のXとYをズラす、XとYで世界観をつくる、ということをとことん詰めたほうがいい」。   「今考えたい問い」と「今こそ読みたい本」をデリバリーする更新型一畳ライブラリーのサービ […]

  • 【参丞EEL便#017】リベラルアーツのための「読み筋」を探る

    「確固たる正解がない時代に、大局観をもって自分軸を養うことが、次世代リーダーに必要ではないか」「社員に、これからの社会をつくるための歴史観や未来像を養ってもらいたい」。 「教養」や「リベラルアーツ」をテーマにした講義や研 […]