【参丞EEL便#013】高校生 共読ファシリテーターが登場

2022/07/20(水)13:00
img

本は、それぞれに強烈な個性を持っている。

書棚や図書館は、本という想像力を収納し、閲覧可能にして、世界中の人々の読みをディスプレーする。並び方ひとつで、選び方の工夫で、本のラインナップは、文字の宇宙にも、江戸文化の劇場にもなる。私たちは、佇んだり、分け入ったりして、いかようにも本の森を探究できる。

 

かえつ有明中学・高等学校と編集工学研究所は、本を自在に出入りしながら問いと対話を深める「探究型読書」を活用した取り組みを、「科学道100冊」を用いた授業など、数年にわたり実施してきた。
「自分は何に関心があるのかわかった」「いろいろなことをもっと知りたいと思うようになった」という生徒の声からも、本×対話によって、他者の見方を通じて自分の世界が広がっている様子がわかる。そして、生徒たちが、未来をつくる当事者になっていく。(詳しくは、こちらのレポートをご覧いただきたい)

 

8月6日(土)に、「THE CAMPUS SUMMER FES 2022」をコクヨ株式会社が開催する。

2021年2月15日のオープンした、みんなのワーク&ライフ開放区「THE CAMPUS」@品川の魅力をより多くの方に知ってほしいという想いを込めた、一日限定の夏休みスペシャル企画である。ふだんは一般公開しないオフィスフロアやショールームも一部開放するサマーフェスになる。

 

コクヨさんとご相談し、フェスの一コンテンツとして、かえつ有明高等学校・編集工学研究所共催「Co-Edit 共読ワークショップ」を実施する。今回は、生徒が共読ファシリテーターをつとめる予定だ。学ぶ側から、教える側へ。学内から、社会へ。ここまでの取り組みが、次のフェーズに入る。

本が、自分の世界を広げるツールにもなることを、ご体験いただける。ぜひとも、さまざまな方にご参加いただきたい(親子でのご参加も受けつけています)。


「THE CAMPUS SUMMER FES 2022」開催概要

■日時:2022年8月6日(土) 11:00〜17:00(最終入場は16:00迄)※雨天決行

■場所:コクヨ東京品川オフィス THE CAMPUS(屋内・屋外スペース)

■住所:東京都港区港南1-8-35

■入場料:無料 ※一部の飲食やワークショップに有料コンテンツあり

■主催・運営:コクヨ株式会社

■参加方法:事前申し込み制(以下URL参照)

■URL:https://thecampussummerfes2022.peatix.com

■ワークショップの事前申し込み:https://thecampussummerfes2022ws.peatix.com

*社会情勢を鑑み上記情報は変更となる可能性があります。

 

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]

//つづく//

 


  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。

  • 【参丞EEL便#029】科学道100冊2022をリリース

    2022年は、「情報の世紀」「光を追いかけて」「科学史タイムトラベル」の3テーマです。   日本で唯一の自然科学の総合研究所である理化学研究所と本の可能性を追求する編集工学研究所による「科学道100冊」20 […]

  • 【参丞EEL便#028】図書館総合展で読書WS開催

    福井県敦賀市の「ちえなみき」が活況だ。   オープンから2ヶ月がたち、地元の高校生や他県からの視察隊など、敦賀市人口(6万人強)をこえる方が来場した。波うつ本棚空間に入り込むと、さまざまな知恵を運んできた本との […]

  • 【参丞EEL便#027】AIDAシーズン3、公式サイトも更新してます

    「この面子はキセキです。本気で臨むように。」   中世国文学者の田中貴子、文芸評論家の安藤礼二、漫画家の安彦良和、グラフィックデザイナーの松田行正、小説家のリービ英雄。AIDAのシーズン3「日本語としるしのAI […]

  • 【参丞EEL便#026】「ほんのれん」がつくる組織内外の資本とは

    「潜在能力(ケイパビリティ)」という概念を打ちだした経済学者のアマルティア・センや、『孤独なボウリング』で米国コミュニティの特質と変遷を論じたロバート・パットナム、社会学と経営戦略論をつなげるロナルド・バートに「ソーシャ […]

  • 【参丞EEL便#025】ほんのれん、出張出展します

    地質年代では、氷期がおわり、温暖化が進んで農耕がはじまった約1万年前から現在にいたるまでを「完新世」とよぶ。ヒト(ホモ・サピエンス・サピエンス)が一挙に繁栄した。   『フラット化する社会』の著者トーマス・フリ […]