【参丞EEL便#014】組織の理念を自分ごとにする

2022/07/27(水)15:22
img

人材開発・組織開発の研究で、ダニエル・キムの組織の「成功循環モデル」が取り沙汰されて久しい。

成功循環モデルで着目すべきポイントは、組織としての「結果の質」を高めるためには、まず「関係性の質」を高めるべきである、と説いたことにある。そうすることで、チームとしての「思考の質」が高まり、それが「行動の質」につながり、やがて「結果の質」がもたらされる。

 

EELでは、企業の「理念」を理解する、もしくは、伝承するための研修を行なっている。
組織によって課題や与件は異なるが、特にすでにメンバーの相互理解や尊重が十分なされている(とされる)組織は、次のレベルの関係を目指すには、個と組織のビジョン・理念の共有や浸透が求められる。そこを支援する。

 

受講者には「日常の中で理念やビジョンに向き合うことや意識することは、あまりありません」と言われる方(特に急がしい中堅次世代リーダー)が、やはり、俄然多い。そこでまずは、理念に向き合う前に、編集の型で「ものの見方」や「わたし」を柔らかくほぐすエクササイズを数回行ってから、組織の「らしさ」を取り出してもらう。

かつて松岡校長は、資生堂名誉会長・福原義春さんの「幹部にこそ面白い考え方が必要」との慧眼から、幹部育成「ミネルヴァ塾」を催した。そこで、茹でたエビをテーブルに一個ずつ運ばせ、これを見ながら「現況の資生堂の特徴を語りなさい」というお題を出したことがある。(千夜千冊1577夜より)

ベイトソンのプロクロニズム講義とまではいかないが、研修でも、生命などの「かたち」と「しくみ」を借りて、「組織のらしさ」をアナロジカルシンキングしてもらう。「うちの組織は横歩きしかしてない」「左右対称ではなく、左脳ばかり肥大化している」などなど、かなり回答が面白い。

 

組織と個人の「物語」にも接近する。これは「英雄伝説の型」を使うことが多く(ぜひブラッシュアップ相談をイシスの先達のみなさんにしたい)、物語を分節化してみることで、その背景にある「思い」や「失ったもの」に気づきがおこる。

そこからようやく「理念」に向かう。その段には、自分なりに組織の「らしさ」や「ありたい姿」への仮説が立ち上がっている。ヒューリスティックに「理念」の言葉や考え方に触れられたと、受講者の声があがる。

 

企業という組織も進化している。変わらずに根本にある価値観や、変化した表現のしかたを見ることで、これまでは印象的にしか語られてこなかったコーポレートミームが見えてくる。これを組織として語り直したり、自分の志とむすぶことが求められている。

EELでは、クオン株式会社がCSR活動として取り組んでいるラジオ番組を書籍化した『企業の遺伝子』を毎年制作している。2022年度版もいよいよ刊行する。この編集プロセスも、どこかでご紹介したい。

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]

//つづく//


  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。

  • 【参丞EEL便#033】「ちえなみき」で触れる7つの文字の世界

    ひとつ、「雲」という字は元々は「云」と書き、これは雲気たなびく下に、竜のくるっと巻いたしっぽが見えている形である。大昔、人々は雲の中に「竜」がいると考えていた。 来場者10万人を突破した福井県敦賀市「ちえなみき」で、「一 […]

  • 【参丞EEL便#032】一年を、むすんでひらく「本どこ屋」

    赤坂から、赤堤へ。 2012年12月、EELは6万冊の本と一緒に、赤坂から赤堤(最寄りが豪徳寺駅)へと引っ越しをした。知の移転を行った。   そこからちょうど10年、校長への献本や千夜本や、EELプロジェクト関 […]

  • 【参丞EEL便#031】[AIDA]を一部公開、近大でDONDENフェス2022

    堀江さんの連載・マンガのスコアで、「複雑な構図とアングルで構成された絵を、いきなり筆で描いていくのですから驚きます」と超絶的なカメラアイと技法が取り上げられた、漫画家・安彦良和さんがゲストで登場!! 近畿大学×編集工学研 […]

  • 【参丞EEL便#030】『情歴21』電子PDF版、12月6日に販売!

    ①タブレットでみれる、②検索ができる、そして、③2021年の歴象もみれる。『情報の歴史21』の電子版が、いよいよ来週12月6日(火)にリリースします!   重さ1130グラム。判型19 x 3 x 25.7セン […]

  • 【参丞EEL便#029】科学道100冊2022をリリース

    2022年は、「情報の世紀」「光を追いかけて」「科学史タイムトラベル」の3テーマです。   日本で唯一の自然科学の総合研究所である理化学研究所と本の可能性を追求する編集工学研究所による「科学道100冊」20 […]