【参丞EEL便#016】黒板派が、本棚を新たなメディアにする

2022/08/10(水)19:59
img

松岡校長は”黒板派”だ。
子供のころ、先生がチョークの粉をツツツーと滑らせ、漆黒から自在に文字や図を浮かび上がらせていくのを見て、うっとりしていたという。連塾やAIDAや伝習座の講義では、2〜3枚の黒板に次々に動かし、裏表を返して行ったり来たりして、黒板をとびきりのトーキングメディアとして話をされてきた。黒板派の大先達は、校長も影響を受けたという、神智と人智をむすぶ数々の黒板絵を遺したルドルフ・シュタイナーだ。

 

近畿大学でも、学生図書館サポーターが、黒板派になる。

 

近畿大学ビブリオシアターは、1階NOAH33と2階DONDENの合計65の書棚で構成され、大中小の黒板が備え付けられている。黒板にどのような世界を出現させるかは自由だが、基本ルールを設定している。①各棚から1冊の本を選ぶ、②1冊の本を紹介するためのメッセージを編集してイメージと共にチョークで描く、③DONDENの黒板は漫画のコマを模写してみよう、④シュタイナーや松岡校長のように、誰もが真っ黒い宇宙の中に生み落とされた子供であり、当初の記憶と歴史的現在に立ち、無地の黒から世界を出現させる黒板派であれ、というものだ。

 

本を読み、メッセージを編集し、本棚黒板というメディアで世界を現すプロセスでは、もちろん編集術を駆使してもらう。黒板派は、同時に編集族でもある。本の要素・機能・属性を取りだし、キーワード・ホットワード・ニューワードとキーセンテンスを引きだし、いじりみよで見方を差しだす。

 

人の表情を描くのが得意だったり、文字デザインがうまかったり、ミメロギア型メッセージの編集に苦戦したり。学生の黒板編集プロセスは、すこぶる個人差が出て面白い。それぞれの方法や向き不向きや意外なこだわりも見えてくる。

 

ぜひ、ビブリオシアターを訪れたら、黒板にも注目してほしい。

 

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]

//つづく//

 


  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。

  • 【参丞EEL便#029】科学道100冊2022をリリース

    2022年は、「情報の世紀」「光を追いかけて」「科学史タイムトラベル」の3テーマです。   日本で唯一の自然科学の総合研究所である理化学研究所と本の可能性を追求する編集工学研究所による「科学道100冊」20 […]

  • 【参丞EEL便#028】図書館総合展で読書WS開催

    福井県敦賀市の「ちえなみき」が活況だ。   オープンから2ヶ月がたち、地元の高校生や他県からの視察隊など、敦賀市人口(6万人強)をこえる方が来場した。波うつ本棚空間に入り込むと、さまざまな知恵を運んできた本との […]

  • 【参丞EEL便#027】AIDAシーズン3、公式サイトも更新してます

    「この面子はキセキです。本気で臨むように。」   中世国文学者の田中貴子、文芸評論家の安藤礼二、漫画家の安彦良和、グラフィックデザイナーの松田行正、小説家のリービ英雄。AIDAのシーズン3「日本語としるしのAI […]

  • 【参丞EEL便#026】「ほんのれん」がつくる組織内外の資本とは

    「潜在能力(ケイパビリティ)」という概念を打ちだした経済学者のアマルティア・センや、『孤独なボウリング』で米国コミュニティの特質と変遷を論じたロバート・パットナム、社会学と経営戦略論をつなげるロナルド・バートに「ソーシャ […]

  • 【参丞EEL便#025】ほんのれん、出張出展します

    地質年代では、氷期がおわり、温暖化が進んで農耕がはじまった約1万年前から現在にいたるまでを「完新世」とよぶ。ヒト(ホモ・サピエンス・サピエンス)が一挙に繁栄した。   『フラット化する社会』の著者トーマス・フリ […]